日本での仕事を見つけたフィリピーノ

ピナちゃんの従兄弟Dことデニスが先ほどスカイプで「俺、日本に行く事になった」と連絡してきた。
突然の報告に驚いたが少し心配である。

※身バレ防止の為にこれまでデニスの事はイニシャルで表記しておりましたが、Dが付くフィリピン人や私の友人が多い為、日本のブログなので多分大丈夫だろうとの思惑から、今後はフィリピン人の名前は本名と仮名を織り交ぜて表記しようと思います。

デニスは昨年、長い間恋人だったフィリピーナと結婚した。
そしてその恋人との間に子供が出来たと先日報告を受けていたのだが、色々とお金が必要になり現在の仕事ではなく、もっと稼げる仕事を探していた時に、日本での仕事の求人を見つけたようであった。

だが特に何の技術も持っていないデニスが日本で仕事をするとなると、嫌な予感しかしないのである。 

私はフィリピン人男性の出稼ぎについて詳しく知っているわけではないが、時折ニュースで見かける外国人労働者に対する劣悪な労働環境を真っ先に思い浮かべてしまった。

また先日ピナちゃんのビザの更新で訪れたイミグレーションで、日本人の会社経営者と思われる男性が、イミグレの職員に外国人労働者の働かせ方について、こっぴどく怒られているのを目撃しているので、より不安を感じてしまったのである。

デ「ピナ!太郎!俺日本で仕事が決まりそうだから、休みの日に遊びに行こうぜ(´∀`)!」

私「本当かよ!ちゃんとした会社なの?」

デ「よく知らないんだけど、給料はフィリピンより高いんだよ(`・ω・´)」

私「知らないの?調べてやるから社名と住所教えてくれよ」

デ「社名は知らないけど四国って所にあるみたい」

私「四国って広いからね・・・。しかも4つシティがあるけど、それも分からないの?」

デ「うん。四国しか聞いてない。」

このように何も知らない状態で異国に出稼ぎに行く気になっているデニスの生き様が、私は心配で仕方がないのである。

私「それ騙されてるんじゃない?」

デ「そんな分けないだろ!友達の紹介だから!」

私「それなら良いけど、友達に社名聞いてよ調べるから」

デ「大丈夫だよ。多分友達も知らないし」

私「友達の紹介だろ?何で知らないんだよ(笑)」

デ「いや、友達も友達に紹介されたから」

私「それ、お前らまとめて騙されてるよ。社名が分かって俺が調べるまでお金を払ったりするなよ。」

デ「・・・・・・(´・ω・`)」

私「え・・何で黙ってるの?もしかしてお金払ったの?」

デ「パスポートの準備とかに必要なんだって・・・(´・ω・`)」

私「い・・いくら払ったの?」

デ「5000ペソ・・・(´・ω・`)(※約15,000円デニスの月収以上)」

((((;゚Д゚))))

パスポートを作成や渡航するための準備という名目で、すでにお金を払っていたのである。

お調子者で人が良くデニスの事は個人的にとても好きなのだが、先日もアンプを拾ってきて「俺はDJになる」と言い始め、家族にこっぴどく叱られるような適当な性格をしているので、益々不安になってきたのは言うまでもない。

ピ「太郎・・デニスは馬鹿だから、すぐに人をトラストするデス(´・ω・`)」

私「うん・・何となく分かる気がする・・」

デ「おい・・何だよ!英語で話せよ!」

私「デニスもし本当に日本で仕事ができるならラッキーだと思うよ。でもよく調べた方がいいよ。」

デ「問題ないよ。もう仕事も辞めちゃったし(・`ω・)b」

((((;゚Д゚))))

ピ「(*`Д’)バカ!! 仕事に戻れるよう社長に謝ってきなさい!」

デ「(#`Д´)うるせーバーカバーカ!! 俺は問題ないって言ったの!」

 

デ「仕事してピナにも何か買ってやろうと思ってたのにー。・゚・(ノД`)ウオーン」プチッ

そういい残してデニスはスカイプを切ったのである。
何度かけ直しても無視するので「ごめんね。ネガティブに考えすぎた。日本で会えるのを楽しみにしてるよ」と、テキストメッセージを送っておいた。

自分もお金が必要なはずなのに、ピナちゃんにも何か買ってあげようと考えていた優しい性格なので、余計にでも幸せになってもらいたい。
いらぬ心配だったと笑って話せると良いが、やはり不安である。

関連デニス記事

家に帰るとスカイプ越しに、凄い勢いで謝っているフィリピン人男性と泣いているピナちゃんがいた。このフィリピン人男性は陽気な性格をしているピナちゃんの従兄弟デニスで、この謝りっぷりは何かやらかしたのであろう。理由を聞いてみたのだが、そ[…]