離婚を決意したフィリピン人妻

ブログには書いていなかったけれど、昨年の12月から私達夫婦は離婚へ向けての話し合いをしていた。

 

よそのご家庭の!

離婚問題の当事者はブログに何度か登場している、ピナちゃんの親友カトリーナだ。

 

ピナちゃんが親友と呼ぶ2人の友人のうちの一人で、いじめられていたピナちゃんをいつも助けてくれた、優しく強く巨乳なピナちゃん憧れの女性。

 

カトリーナの夫は筋金入りのタンバイ(ヒモ)で、生活の全てをカトリーナに依存しておきながら、浮気・盗み(家の金)を繰り返し、傍から見れば『何でそんなのと結婚したんだよ‥‥‥』と思う男性なのだけど、「彼を愛しているから全てを受け入れるわ」とフィリピーナ特有の感性なのか、夫の行動を悲しみながらも最後には許していた。

そんな愛情深いカトリーナが夫に愛想を尽かす出来事があった。

 

昨年、カトリーナの母が病気をして通院が必要になったのだけど、送り迎えができる家族がカトリーナしかおらず、当然カトリーナは母親を心配して送り迎えをする気でいた。

病院までの送迎のため、夫に理由を話して車を借りようとしたところ、何と「車は貸さない」と言われたのだ(驚)

※しかも車の名義は夫だけど、毎月ローンを払っているのはカトリーナ。

 

まさかの返答に夫を説得しようと試みたが、夫は義母と一緒になって「カトリーナが送迎している間の仕事はどうするんだ」と家業のレストランの心配をしていた。

「お前が働けや!」

誰もがそう思うだろう。だけど夫の家族と暮らすカトリーナに味方はいない。

 

そのような状況でカトリーナは、信頼しているピナちゃんとモーリン(もう一人の親友)に相談していたのだ。

しかし、長電話をするとレズビアンのモーリンの恋人がヤキモチを焼いてしまうので、ピナちゃんに相談する日が増え、いつの間にか私も巻き込まれてしまい、よく分からないタガログ語が飛び交う中で、分かったふりをして話を聞いていた。

 

結局、友人に頼み込み車を借りて、通院の日は反対を押し切り仕事は放棄して母親を送迎した。

そのことで夫は再びブチブチと文句を言ってくるらしいのだ。

 

カトリーナから泣きながら連絡がある度に憔悴しているのが分かり、ピナちゃんは悲しむカトリーナを見る度にご立腹なのである。

「別れたい」と漏らし始めたカトリーナに、「その家族はおかしいから離れた方がいいと思うよ」とピナちゃんも同意する。

 

親友の味方をするピナちゃんの気持ちも分かるけれど、夫のいない欠席裁判のような状況に公平な意見も必要だろうと、今後の人生を左右する状況だし『一度冷静になりましょう』との意味を込めて、夫を擁護する材料を捻りだそうとしたが‥‥‥

 

陪審員
何一つない!

むしろ、以前ピナちゃんを泣かせた事を思い出して腹が立ってきた。

無責任なことは言いたくなかったけれど、私も一緒になって離婚を決意したカトリーナを後押しする形で、今後の生活についての計画を立て始めたのである。

つづく

 

過去のカトリーナ記事

ピナちゃんにはフィリピンに2人の親友がいる。ピナちゃんはフィリピンで貧しい暮らしをしていたので、学校ではクラスメートに「ピナは豚小屋に住んでいる」とからかわれ、気の弱いピナちゃんは言い返す事もできず泣いているだけであったが、 この親[…]

フィリピーナの心を掴む

「この日本人正気なのか?」と思われるデザインを多数取り揃えております!

Tシャツ販売サイト

マウスコンピューター期間限定セール
離婚
もし宜しければフォローをお願いします。