誕生日を祝ってもらえない事を受け入れる少女

フィリピンの田舎で暮らす従妹の少女から「両親が今年は誕生日パーティーをしてくれなかった(涙)」と、ピナちゃんに相談があった。

 

この記事を読んでいる人達の中で、子供の頃に誕生日を祝ってもらえていない人は余りいないだろう。

日本で生まれ育てば、毎年誕生日になるとケーキを食べたり、少し食事が豪華になったり、プレゼントを貰ったり、当たり前のように多くの人たちがお祝いされる経験をしている。

 

例え貧しい家庭環境で経済的な事情から祝う事ができない場合でも、友達が祝ってくれることもあるし、私が小学生の頃なんかは学校で月に1回誕生日のクラスメートを祝うイベントもあった。

そのイベントの中で、みんなで輪を作って歌を歌いながら、誕生月の生徒が順番に異性にアプローチをして輪の中で踊り、必然的に好きな相手が周囲に知られて恥ずかしい思いをする、今では問題になりそうな出し物もあったが、恋多き少年だった私は同時に3人へアプローチする石田純一みたいな事をして、誕生日の良い思い出となっている。

 

日本とフィリピンの誕生日会の違い

birthday

所変わってフィリピンでは、一度も誕生日を祝ってもらった事がない少女もいる。

貧しくて家でパーティーが開けなくても、周囲の人達が祝ってくれるのではないか?と思うかもしれない。

パーティーが好きなイメージの強いフィリピン人だから、私のようにここぞとばかりに「俺を祝ってくれ!タダ飯を食べさせてくれ!」と言い出しそうなのだが、日本とフィリピンの誕生日会で決定的に違う事がある。

 

それは金の出どころ

 

日本と違いフィリピンでは、祝ってもらう者(誕生日の人)が祝う人たち(招待客)の食事代から場所代まで、全ての費用を負担する文化がある。

そのためお金がなくて家でも祝えない経済状況だと、誕生日会を開くのは難しいのである。

 

「今日は俺の誕生日だから全員にご馳走するよ!」

 

これでは集まった人たちが、誕生日の者を祝いたいのか、ご馳走になりたいだけなのか分からない。

実際にフィリピンで様々なパーティーが開かれると、日頃は何の交流もない者がフラリと食べに来たりする。

この慣習を初めて知ってから何年も経過しているが、「金を払うから祝ってくれ」と見栄を張って祝ってもらうようで、それなら自分に電動工具でもプレゼントした方が精神的に良いのではないか?と、私は今でもフィリピンスタイルに違和感がある(笑)

 

ある少女が祝われるのを諦めた話

少女

フィリピンで暮らす少女の親は仕事が安定せず、そのうえギャンブルが好きだったので、その日の食べ物を確保するのが精一杯だった。

これまで少女は近所の家で行われている誕生日パーティーに参加した事はあったけれど、自身の誕生日を誰かから祝ってもらった事はなかった。

 

「私も誕生日にお祝いをしてもらいたい」

そんな気持ちは当然持っていたけれど、家の経済状況を幼いながらに理解していた少女は、親に言い出せず気持ちを押し殺していた。

 

月日は流れて少女は成長し、周囲の助けもあり学校へ通えるようになると、自宅の周辺が全てだった少女の世界は広がった。

特に交友関係は劇的に変化し、家の中で過ごす時間が多く友達がいなかった少女に友人ができたのである。

だけど少女の住む地域はフィリピンでも貧しい人達が暮らしている場所で、それが原因でいじめられる事もあったが、数人の友人が味方になってくれたお陰で学校へは楽しく通えていた。

 

そんな充実した学園生活の中でも、いじめ以上に少女にはつらい思いをする瞬間があった。

その1つが誕生日パーティーである。

交友関係が広がったことで、誕生日パーティーに呼ばれたり話を聞くことが増えた。少女は当たり前のように誕生日を祝ってもらえているクラスメートが羨ましかったのだ。

 

毎年、誕生日を迎えると、学校から家までの帰り道で少女は想像していた。

「もしかすると今年はプレゼントがあるかもしれない。」

そんな期待を胸に家へ帰っていたけれど、そこにあるのはいつもの食事だけであった。

 

学校を卒業した少女は、マニラの小さな店で働き始めた。

決して高給ではないが、少女が仕事をはじめたことで、これまでよりも家計に余裕が生まれた。

ただ余裕が生まれたとはいえ、親の借金の返済やギャンブルでの浪費もあり、ギリギリの生活に変わりはなかった。

 

だけど期待するのである。

親に給与を全て渡していた少女は、「きっと誕生日のお祝いに使ってくれる」と願っていた。

 

しかし少女の期待する通りにはならなかった。

少女が働きだしたことで「今まで面倒を見たのだから次はあなたの番よ!」とばかりに、親は働かなくなった。

そして少女は”誕生日を祝ってもらえなくてもいい”と、自身の境遇を受け入れたのだ(涙)

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この少女は幼き日のピナちゃんである。

ピナちゃんは誕生日を特別な日として祝ってもらった経験がなく、そんな事を知らない私も恋人の頃は「フィリピンでは誕生日は家族でお祝いをするのだろう」と誕生日にフィリピンへ行くこともしなかった。

 

この事実を知ったのは来日後に迎えた初めての誕生日だった。

近所のレストランに「妻の誕生日なのでケーキを用意してほしい」と予約をして食べに行った時、食後に出されたケーキを見てピナちゃんが嬉しくて号泣したのである(汗)

「ありがとポ、ありがとポ(´;ω;`)」と私だけでなく、レストランの店員さんにまでお礼を言って周るピナちゃんに困惑したが、そこで「お祝い初めてデス(´;ω;`)」と言われて、記事にした話を教えてもらい納得した。

 

 

ピナちゃんは記事冒頭で「誕生日パーティーをしてくれない」と相談してきた従妹の少女に、「あなたの両親はあなたの事を愛しているから心配しないで」と伝えていた。

叔父さんから聞いた話では、従妹の少女の父親は心臓に病気が見つかり薬を買う必要があるので、今はお金に余裕がないのである。

「パパが元気になるのが最高のプレゼントじゃないの?」と従妹の少女に聞くと、少女は元気に返事をしていた。

 

そして、いつの間にか従妹の少女とは初対面の私が、学校を卒業する時にカバンを買ってあげる契約がタガログ語で交わされていた(滝汗)

わけも分からず話に参加して「オポ!オポ!(訳:わかりました)」言った結果がこれである。

 

関連誕生日会記事

日頃からピナちゃんと仲良くしてくれているエリカとハンスと言うフィリピン人の夫婦がいる。エリカはピナちゃんと時々一緒に料理を作ったりして、ハンスはピナ山ヒルズの近くに来る度に、なぜかケンタッキーフライドチキンを買ってきてくれる。(不思[…]

パーティー
関連パーティー記事

私は日頃から労わり尽くしてくれる妻に感謝の気持ちを込めて、結婚一周年記念日にサプライズプレゼントをする計画を立てていた。関連Link: もうすぐ結婚記念日なので妻を喜ばせたい。このサプライズ企画は、ピナちゃんが公文へ[…]

 


 

英会話無料体験

英語を話せるようになりたいなら1レッスン129円から受けることができる、オンライン英会話のレアジョブがコスパ最高です。

3ヵ月くらい毎日頑張れば英語での会話に慣れるので、日常会話レベルなら話せるようになりますよ。

無料体験レッスン

もし宜しければフォローをお願いします。
マウスコンピューター期間限定セール