大成功!愛する妻へのサプライズプレゼント!

私は日頃から労わり尽くしてくれる妻に感謝の気持ちを込めて、結婚一周年記念日にサプライズプレゼントをする計画を立てていた。

関連Link: もうすぐ結婚記念日なので妻を喜ばせたい。

このサプライズ企画は、ピナちゃんが公文へ行っている間に「専用のドレッシングルーム」「ドレッサー」を用意して驚かせようという計画である。

全ての下準備はピナちゃんに悟られないよう秘密裏に行われ、結婚記念日前日にはコメント欄でアドバイスを受けた通りに花も用意した。
いつものように教えてもらった事を自分の手柄にする作戦である。

しかし花を持って帰るには少々問題があった。
私の帰宅を待ち構えているピナちゃんのボディチェックは、国際線の保安検査場のセキュリティよりも強固で上手く回避する自信がないのだ。

激しく私にまとわり付いてくるので体の後ろや服の下に隠したりもできない。
カバンの中も「食べ物がないかな(`・ω・´)?」と、毎日チェックされるので隠すことができないのだ。
麻薬を海外へ運ぶ運び屋の心境である。

そこで花は車の中に置いておこうと思ったのだが、軟弱なイメージのある花である。
枯れるんじゃないの?という疑念が出てきた。

どうしたものか・・・

念のためミネラルウォーターを花瓶代わりして一晩保管する事にした。
pina137

結婚記念日当日

私「いつもありがとう。昼ごはんは俺が作るからね」
ピ「アーイ! タノシミナマントー(*´Д`*)(訳:楽しみだなー)」

これは手料理が結婚記念日のプレゼントだと思わせる作戦である。
料理のレパートリーが少ない私は先日ネットで見かけた料理をうろ覚えだが作る事にした。

材料はこちら
pina131

切り抜いた食パンに卵を入れます
pina132

ハムを乗せてマヨネーズをかけます。
pina133

チーズも乗せます。
pina134

フタをして両面焼きます。
pina135

完成(・`ω・)b
pina136

(((( ;゚д゚)))オイシー!!

ピナちゃんは基本的に何でも美味しく食べるので、私には料理の才能があるのではないか?と勘違いしてしまいそうである。

昼食を食べ終えると「夜は私が作るデスヨ(*´Д`*)」と言い、ピナちゃんは公文へ出かけた。

ここから2時間が勝負である。

ピナちゃんが帰宅するまでの限られた時間でサプライズ計画を実行しなければならない。
車に積んである壁紙と花を素早く回収し施工を開始した。

まず取り掛かったのは部屋の壁を無地の白色から、ドレッサーに合わせたイメージに変える作業である。
仕事は粗くなるが素早さを優先し、汗だくになりながら着々と壁紙を張っていった。

ビフォア
pina138

半分完了
pina139

壁紙の張替え終了
pina140

太郎の賃貸物件模様替え講座
通常賃貸物件は現状復帰を考えて壁紙の張替えは行えないが、ノリ無しの壁紙をホッチキスで留めていく方法であれば、現状復帰のガイドラインに抵触しないので、敷金は全額返ってくるのである。
ちなみに釘で穴を開けた場合は借主が修繕費用を負担しなければならない。押しピンはOKである。

無事に壁紙を張り終え、ドレッサーの組み立てに取り掛かる。
このドレッサーは完成品で届き、鏡を取り付けるだけの簡単な組み立てなので数分で終了。

ついにピナちゃんのドレッシングルームが完成した。この部屋だけ雰囲気が違う・・・
pina141

大きな収納もあるよ。
pina142

引き出しの中には、さらなるサプライズプレゼント!
pina144

花も飾ってみた!!
pina143

あれ・・・誰か亡くなったのかな・・?

原因はすぐに分かった。間違いなくボルビックが事故現場の雰囲気をかもし出しているのだ。
やはり花には小洒落た花瓶が必要である。

だが我が家にある花瓶にはピナちゃんが花を活けており空きがない。
花をまとめて花瓶を一つ拝借しても、帰宅すると花の様子を見るピナちゃんにばれてしまう。
かといって買いに行く時間も無い。

万事休すである。

もう打つ手がない・・しかしこのままではイメージ的に縁起が悪い・・・
万策尽きたかに思えたその時、私はひらめいた。

ピンポーン♪
ピンポーン♪

。・゚・(ノД`)おばちゃん!花瓶貸して!!

私は同じマンションに住む仲良しのご近所さんに助けを求めた。
このおばちゃんとは日頃からサボテンのトレードを行ったりしているガーデニング友達なのだ。

お「太郎ちゃんどうしたの(笑)」

私「結婚記念日に花を飾りたいけど、花瓶を買うの忘れてしまいました(´;ω;`)」

おばちゃん爆笑
である。

こうして無事に花瓶を入手する事に成功し、後はピナちゃんの帰りを待つだけとなった。

ピ「ただいまー(*´Д`*)」 

私「お帰りピナちゃん!」

ピ「ご飯作るデス♪ チョト待ってて下サイネ(*´Д`*)」 

完成した部屋に全く気が付く様子のないピナちゃんは、公文での出来事を話ながら料理を作りはじめた。
めでたい日にはフィリピンでは鶏肉を食べていたので鳥料理である。
草? のような物と一緒に焼かれており、とても美味であった。
pina146
 
料理も食べ終わり、いよいよピナちゃんに部屋をプレゼントする時がきた!
どんな反応をするのだろうか?

飛び跳ねて喜んでくれれば良いのだが・・。

私「ピナちゃん10秒数えてから、この部屋に入ってきてね」

ピ「何ですか(´・ω・`)?」

私「ふふふふ・・・」

ピ「クワイ(´・ω・`)(訳:怖い)」

1.2.3.4.5.6.7.8.9.10!

ガチャリ

飛び跳ねるピナちゃんを想像していたが泣いた!? 予想外の反応である。
こうしてコメントをしてくれた皆様の協力もあり、無事にピナちゃんへのサプライズは成功した。

ピナちゃんは人生で初めての自室を手に入れた。
いつも私の後を付いてきていた妻が自室で過ごす時間が増えると少し寂しい気もするが、ピナちゃんは喜んでいるので、このギフトは良かったのだと自分に言い聞かせた。

pina147

ピナちゃんはせっせと化粧品やアクセサリーをドレッサーへ並べては「(´∀`*)ウヒー」と楽しそうにしているので、自室で一人だけで過ごす時間を味わってもらおうと、私はリビングへ移動した。

ピ「太郎!私の部屋に来てクダサイ」

私「どうしたの?お茶を飲んだら行くよ。」

ピ「アエーイ・・私の部屋で飲んだらいいディバ(*´Д`*)」

結婚記念日から数日経過したが、ピナちゃんが自室にいる時は必ず私も招待されている。
ピナちゃんの部屋では二人で床に座りお茶を飲む。
「床が硬いからソファに行こう」と言っても「プリーズ! プリーズ(・Д・ )」と離してくれないのだ。

一人の時間が出来るかと思ったら、何も変わってませんな!

関連Link: もうすぐ結婚記念日なので妻を喜ばせたい。