フィリピン料理は日本の食卓で戦えるのか?

今日はフィリピン料理を作ったよ!

残念ながら、こんな会話を一般家庭で聞くことはない。

日本で生活していると、余程のフィリピン好きでなければフィリピン料理に触れる機会はほとんどないからだ。

 

それは飲食店でも同様で、イタリアン、中華、韓国料理などは、どんな街に行っても見かけるのだけど、大半のフィリピン料理店は繁華街の一角でひっそりと営業しているため、フラリと入ろうにもツチノコレベルで発見するのが難しい。

飲食店を開業するにしてもライバルの多い国の料理店でパイを奪い合うより、フィリピン料理はブルーオーシャンな気がするのだけど不思議である。

 

なぜ日本でフィリピン料理は流行しないのか?

その理由は、フィリピン好きの方に怒られるかもしれないけれど、フィリピン料理全体の総合力の低さだろう。

パスタ・ピザだけでも豊富なバリエーションを誇るイタリアン、世界三大料理に数えられる中華料理、キムチや焼き肉に加えてメディアを巧みに利用して流行を仕掛ける韓国料理、これらの料理は言ってみればワールドカップ常連国である。

我らが日本も寿司・天ぷら・カツ丼・焼き鳥など多くのスーパースターを抱えているが、フィリピン料理は世界で戦うには選手層が薄いのだ。

 

例え行ったことがない国であっても、ロシアならピロシキ、インドならカレー、ベトナムならフォーと、近隣の国であれば何かしらの料理がイメージできるものだが、フィリピンは現地で食べた経験がないとパッと代表的な料理が頭に浮かばないはずだ。

それほどフィリピン料理は我々日本人の食生活に浸透していない。

 

太郎
バナナは料理じゃないからね!

 

謎に包まれたフィリピン料理だけど、世界で戦えるポテンシャルを持った料理も実はある。

かつて三浦知良や中田英寿が世界で活躍したように、フィリピン料理全体の総合力は低くてワールドカップに出られなくても、個々の料理に目を向けると料理通をも唸らせるセリエAで活躍している激ウマ料理は存在するのだ。

ラッキーミーから発売されているインスタント麺のパンシットカントン(焼きそばのような料理)なんて中毒性も高く(良い意味で)、上手く仕掛ければ日清の牙城を崩すまではいかなくても、ある程度のシェアは奪えるのではないかと密かに思っている。

 

関連記事

先日の記事でベテランぶって得意げに吉野家のつゆだくを紹介したところ、"ねぎだく"や"キング(すき家)"、"しろつめ"、"ネギ抜き"といった、聞いたことのない数々の裏メニューをコメントで教えて頂き、つゆだくごときで何をドヤっていたのだろうかと[…]

 

フィリピン料理の帝王

フィリピン料理

和食vsフィリピン料理の戦いが勃発すると、団体戦では圧倒的な戦力を誇る和食が有利だ。

しかし、個人戦だと互角以上の戦いをするフィリピン料理は多い。

その一例が、和食の代表メンバーとして長年チームを引っ張ってきた、皆様にもお馴染みの「豚の角煮」がライバルと認めたフィリピン料理の「アドボ」だ。

 

アドボはフィリピン料理の帝王と呼ばれ、フィリピン人だけでなく旅行者や配偶者の胃袋を掴んできた。

あっさり食べたい時はチキンアドボ、ガッツリ食べたい時にはポークアドボと食べ分け、汁をかけるだけでも米が進むことから白飯泥棒の異名を持つ。

ピナちゃんの実家でアドボをご馳走になった時なんかは、アドボの汁を巡り少年達の間で小競り合いが起きるほどフィリピン人に愛されている。

 

そんなアドボを皆さまに食べてもらいたいのである。

「フィリピン料理って知ってる?」といつか話題が出た時に、「アドボが美味いよ!」とサラリと答えてもらいたいのだ。

 

私は縁あってフィリピン人女性のピナちゃんと結婚したので、フィリピン人に和食の美味しさを知ってもらいたいのと同じくらい、日本人に美味しいフィリピン料理を知ってもらいたい。

それは和食を愛するピナちゃんも同じ気持ちで、今回は日本人にフィリピン料理の帝王「アドボ」を作ってもらおうと、YouTubeにアドボのレシピ動画をアップしたので是非ともご視聴いただきたい。

そして機会がありましたら、いつもより米を多めに炊いてアドボを食卓に並べて頂けると幸いです。

 

ピナちゃんはブログの存在を知らないため、YouTubeにコメントをして頂ける場合は「料理長」と呼んであげてください。コメントやシェアして頂けると喜びます。

 

アドボが気に入りましたら、月に一度のレギュラーメンバーに加えてみてはどうかな?(滝汗)

 

アドボと豚の角煮がTシャツになりました

アドボと豚の角煮
日比料理友情Tシャツ

日本とフィリピンを代表する料理がガッチリと握手を交わしたTシャツを着て、「豚の角煮って何デスカ(‘A`)?」とピリピン人に和食をさりげなくアピールできます。

外部Link:アドボ&豚の角煮Tシャツ

 

関連フィリピン料理記事

将来柴犬が飼いたい私は、犬を怖がるピナちゃんの恐怖心を払拭するため、一緒にホームセンターのペットコーナーへ行って特訓をしていたのだが、子犬に対しては全く怖がる様子をみせないので、自分よりも強そうな成犬が怖いのだと分かり、自分よりも弱そうな相[…]

フィリピーナの心を掴む

「この日本人正気なのか?」と思われるデザインを多数取り揃えております!

Tシャツ販売サイト

アドボ
もし宜しければフォローをお願いします。
マウスコンピューター期間限定セール