わらしべピーナ – 不動産投資に挑戦

ブログのURLが変わったのにお気づきでしょうか?ライブドアブログのお知らせを見て、初期設定のドメインだと将来的にssl(セキュリティ的なもの)に対応できない事を知り、焦って独自ドメインの設定をしておりました。
お陰で何か設定でやらかしているのではないかとドキドキしております。

 

本日の記事はここから
この記事はフィリピン妻の仕事探しの続きです。

月に3万円の収入を得たいピナちゃんに、筋力以外に取り柄のない私が唯一教えることのできる不動産投資を勧めてみた。

ピナちゃんは仕事を選ぶつもりはないのだけれど、”感謝をされていない状況で行うフィリピンへの仕送りに、夫のお金を使いたくない”という思いつめての仕事探しなので、私としては時間をお金に換える働き方はしてほしくない。

 

これが自分の為に本当にやりたい仕事なら、体を壊すような職場でなければ頑張ってほしいと思うし、もし銀座にレストランを開いてシェフになりたいと本気でピナちゃんが切望するなら、時間が犠牲になったり苦労をする事は屁とも思わない。

しかし今回のようなフィリピンのママに送金するのが目的なら、昼寝や勉強、家族、友人と過ごす時間を削って働くよりも、将来的に自分の時間も確保でき送金をしながら資産も構築できる働き方を覚えてほしい。

そして出来ることなら私に何かあった時に上手い事仕事を引き継いでほしいのである。

 

私の仕事を傍で見ているピナちゃんは、物件の選別、借入、決済、修繕、客付け、管理の一連の流れを知っている。

ピナちゃんは私の提案を受けて驚いた顔で少し固まり、具体的なイメージをしたのか、フィリピン人に銀行はお金を貸してくれるのかと変な所を心配していた。

一棟ものを考えてるのかな?(汗)

 

私はこれまでの不動産投資を振り返ってみると、一棟ものから始まり、不動産価格が高くなると区分マンションに手を出し、ここ数年はボロ戸建てにシフトしてきた経緯があり、新築、駐車場、太陽光に手は出していないけれど一通り主だったものは経験している。

それを踏まえて初めての不動産投資にお勧めなのが、そこそこボロい区分マンションかボロ戸建てを現金買いする方法である。

私のようにたいした知識もないのに、一発退場もありえるハイリスクな一棟ものから始めるのは愚か者で、私の場合は始めた時期がたまたま良かったので上手くいったけれど、まずはリスクを最小限に抑えて購入から客付け、売却を通して経験値を積むことが失敗しない不動産投資の最善の方法だと思う。

 

わらしべ長者という昔ばなしをご存知だろうか?

若者が観音様に「金持ちになりたい」とお願いをすると、「はじめに掴んだ物が金持ちにしてくれる」とお告げがあり、わらしべ(稲の穂)→アブ→みかん→布・・・・・豪邸と、稲を掴んだ時点で戻って観音様を引っぱたかずに、小さな物から次第に規模を拡大していくありさまは、まさに不動産投資である。

 

ピナ山家に祀られているピナ山観音様はおっしゃいました。

pina176

ボロ戸建ての方が儲かるしリスクは少ないけれど修繕箇所が多くて時間がかかるから、管理費や修繕積立金のネガティブ要素はあるけれど、お手頃な区分マンションを購入した方が室内のリフォームだけで済むので早く形になるよ、とピナ山観音様は言っているのだろう。

 

しかし区分マンションと言えど、ピナちゃんの貯金で購入資金は賄えない。

そもそもピナちゃんは貯金が貯まると「株を買ってクダサイ.。゚+.(・∀・)゚+.゚」と私に現金を渡してきて、「株は太郎にあげマス(・∀・)」と自身は送られてくる株主優待券を貰うだけで満足するという、全くお金に執着の無い性格なのである(汗)

 

そこで購入資金はピナちゃんから預かっている株を担保に、ピナ山バンクから借り入れを行うことにした。スルガ銀行がやらかしたせいで多くの銀行が不動産への融資を閉じ始めた昨今、ピナ山バンクも例外ではなく融資担当者である私はピナちゃんの属性を評価した。

すぐに眠れる、優しい、料理が上手、尻が大きい、いつも踊ってる、そしてキュートである・・・

これは稀にみる高属性やね。

 

ピナちゃんから預かっているコメダ珈琲の株を担保に、実質利回り9%で計算しても、目標としている3万円は毎月確保できる400万円を元手に、リフォームも込みで上手い事やるように伝えた。

ピ「(|| ゚Д゚)よ・・・400万円!! トゥーマッチ!!」※多すぎマス

私「大丈夫!上手い事やって増やしてね。」

ピ「私にできマスカ(´・ω・`)」

私「ピナちゃんならできるよ(・`ω・)b」

ピ「本当カイ(`・ω・´)デキルノカイ?」

 

ただ毎月3万円の収入を得るだけでは、ママへの送金と病気の時の積み立てで消えてしまうので意味がない。

最初の物件を足掛かりに徐々に規模を拡大し、わらしべピーナになって、いつの日か私をタンバイ(ヒモ)にしてほしいと願っている。

 

こうして不動産投資デビューを果たすべく、ピナちゃんはオフィスへパソコンを持ってきて物件情報を吟味しては、「これはどう思いマスカ(`・ω・´)」と真剣な眼差しで聞いてきて、気になる物件をリストアップした。

本当は売主が直接依頼した不動産会社に連絡をするのが良いのだけれど、ピナちゃんは初めてで緊張気味なので気心の知れた顔見知りの不動産屋へ連絡して、本日ピナちゃんは物件の内覧へ行ってきたのである。

 

つづき

この記事はわらしべピーナ - 不動産投資に挑戦の続きです。ピナちゃんはパソコンを駆使して不動産検索サイトを巡回し、区分マンションを値段の安い順に並び替え、400万円で購入できるマンションを片っ端から確認した。しかし色々なサイ[…]

 

Link:わらしべピーナ記事一覧