(第2話)ホテルからの景色に喜ぶピナちゃん

  • 2015年8月31日
  • 旅行
  • 39件

この記事は(第1話)フィリピーナの神戸旅行の続きです。

本日の記事には神戸旅行に浮かれているピナちゃんの動画が含まれております。
最近このブログを読み始めた方がご覧になると「ちょっと引いてしまうのではないか?」と若干心配をしておりますが、いつも陽気なフィリピーナの特性ですので「日本を満喫してね!」と温かい目で見守って頂ければ幸いです。

ホテルに到着した私達はチェックインの時間まで、まだ2時間ほどあったので散歩にでも行こうと思い、チェックインカウンターで予約をしている事を告げ、チェックインの時間まで荷物を預かって欲しいとお願いしたのだが、スタッフの女性にとても嬉しい提案をして頂いた。

無料宿泊券を利用しているので泊まる部屋は決まっているのだが、宿泊する部屋をアップグレードしてくれて、さらにチェックイン前だが部屋へ案内してくれると言うのである。

何というホスピタリティであろうか・・・。

私の全身から溢れ出る気品のお陰かもしれないと有りえない妄想をしながら、無料宿泊券を使う客の分際で図々しくも提案を受け入れ、待合席で待つピナちゃんを呼んでアップグレードした部屋へ案内してもらった(感謝)

pina312

案内して頂いた部屋はホテルの上層階で広々としており、全くお金を使わないのも申し訳ない気持ちになったので、日頃はボッタクリ価格なので飲まないようにしている、ホテルの冷蔵庫の飲み物を後で飲み散らかそうと心に決めた。

荷物を運んでくれたスタッフの方に設備の説明をしてもらい、お礼を言ってドアまで見送った時にある事に気が付いた。

灰皿が無いのである。

スタッフに「灰皿はどこですか?」と訪ねると「ここは禁煙ルームです」と言うではないか・・。
予約時に喫煙ルームを指定したはずだが、上手く伝わらなかったのか、アップグレードした事で禁煙ルームへと変更になったのか分からないが、どうやら禁煙ルームに宿泊する事になったようである。

私「部屋をダウングレードしてください。」

ス「・・・・Σ(゚д゚;)えっ?」

スタッフはまさかのダウングレードの申し出に困惑しながらも、先ほどよりも狭くはなるが素早く喫煙ルームを確保して荷物を運んでくれた。

改めてスタッフにお礼を言ってドアが閉まるのを確認すると、人目を気にしてか大人しくしていたピナちゃんは水を得た魚のようにはしゃぎ始めた。

ピ「今から何シマスカ(´∀`*)?」

ピ「チョト休憩シマスカ(´∀`*)?」

ピ「マッサージするデスカ(´∀`*)?」

私「大丈夫だよ。それより窓から外の景色見てみたら」

(`・ω・´)!?

海側の部屋を用意してもらったので、神戸の綺麗な景色を見てもらいたかったのである。

窓辺に立ちカーテンを開けたピナちゃん・・・

そんな喜び方があるの(笑)

神戸牛を食べる事を目的とした今回の旅行であったが、この時ピナちゃんは私がさらなるサプライズを考えている事を知らなかった。