カニ食べ放題-エビカニ合戦で2年分貯カニする

この記事は極寒の札幌でなぜソフトクリームが売れるのか?の続きです。

 

ホテルの部屋へ戻り、ピナちゃんが目をシパシパさせていたので、軽く昼寝をするつもりが思い切り眠ってしまい、目を覚ますと夜になっていた(汗)

寝起きでぼーっとしているピナちゃんに「カニを食べに行くよ!」と伝えると、途端にキリリとした表情に変わって「カニを食べるのカニ(`・ω・´)」とピリピンジョークを放ちつつも素早く身支度を整え、私達は夜の札幌へと繰り出した。

 

お目当ての店は既に決めてある。

食欲旺盛な私達にうってつけの、カニの食べ放題を行っているエビカニ合戦だ。

 

ホテルを飛び出した私達はカニの下へ急いだ。

だが凍った地面が邪魔をして、気持ちとは裏腹に歩くペースはとても遅い。プロ(札幌在住)なのだろうけどお年寄りにも追い越される(汗)

 

驚くゴリラ
心は道民
こっちのお年寄りは何て体幹をしてんのや!

 

それとも靴の性能か?冬靴との性能の差なのか?

関東で購入した軟弱な靴では札幌の大地と戦えない。ヒノキの棒でラスボスに挑むようなものである。

 

北海道で売られている雪道の機動力に優れた靴。底がギザギザしている。

 

無力さに苛まれながらもヒョコヒョコと行軍を続けていると、冬靴未装備の私達の前に便利アイテムが現れた。

便利アイテム

これだ!

「ピナちゃん、これを使おうぜ!」

 

目的地も知らないくせに私を先導するピナちゃんを引き留め、便利アイテム”すべり止め用砂”を使用して、行軍スピードを上げようと思ったのだけど‥‥‥

使い方が分からない(滝汗)

 

当たり前のように「ご自由にお使い下さい」って書いてあるけど、砂を靴底に塗るのだろうか?

空袋入れも設置されている事から、使い切りタイプなのは分かるけれど、砂を靴底にまぶした程度では数歩で滑り止めの効果が無くなるような気がする。

もし使用方法を間違えていれば、歩道に砂をまき散らす危ない観光客になり、人の目を気にするタイプの私には思い切って使うことはできない。

一瞬お土産にしようかとも思ったが、札幌市民の血税で作られているのだろうと思い、見なかった事にして行軍を再開した。

 

ほどなくして目的地エビカニ合戦の目印となる、意味深なフォルムをしたモニュメントを発見。

エビカニ合戦の目印の金玉

 

少し話が逸れるが札幌はキン〇マフレンドリーな町である。

その辺をブラブラしているだけで、ある所ではダイレクトに、またある所ではキン〇マにインスパイアされた製品を町の至る所で見かける。

金玉フレンドリーな町

 

ただ米中貿易摩擦の影響なのか、札幌もキン〇マ相場は暴落中のようで、立ち寄った店にあった洒落たキン〇マフラーは、半額の950円で叩き売られていた。

暴落する金玉相場

 

 

少しばかり話が脱線してしまったが、私達は無事に目当てのカニの食べ放題の店にたどり着いたのである。

 

エビカニ合戦に到着

エビカニ合戦

席に座りメニュー表を眺める。

10年前と比べると少し値上がりしたようにも思えるが、食べ放題は健在である。

メニュー表

ピ「高いデス(´・ω・`)」

私「良く見てみなよ!食べ放題だぞ!」

((((;゚Д゚))))カニの食べ放題デスカ⁉

 

隣の席では社員旅行か友人達の旅行なのか、途中で抜け出したと思われる男女が食べ放題なのに優雅に食事をしている中で、私達は店を追い出される勢いでカニを食べ始めた。

 

カニを食べるフィリピーナ

北海道こそ天国に一番近い島と呼ぶにふさわしい。

「悔いのないように食べるんだぞ」と、2年分は食べて”貯カニ”しておこうと貧乏性丸出しで挑んでいたのに、2人の勢いが止まる事態が発生する。

 

3回目のお替りをした頃、なぜ食べ放題の店をチョイスしたのか疑問なのだが、隣の席の男性が突然「俺、本気だから!」と女性を口説き始めたのである。

ピナちゃんも異変に気が付いたようでカニに集中できない(笑)

 

ムードを壊さないようにカニを食べるスピードを下げて、ドキドキしながら聞き耳を立て心の中で男性を応援していた。

しかし女性に他のメンバーの行き先を尋ねられた時に「あいつらはススキノの風俗に行ってるよ。俺はそういうの興味ないけど」と密告する裏切り行為を耳にして、「こいつはろくな男ではありませんよ」と女性にアドバイスがしたくなったのである。

 

私の願いもむなしく、女性も男性に言い寄られまんざらではない感じになり、男女は会計を済ませて店を後にした(血涙)

途中で話についていけなくなったピナちゃんが、「どうなりマシタカ(*´Д`*)」と聞いてくるので、「(上手くいって)残念な結果になった」と報告すると「女の人も好きそうに見えマシタノニ(´・ω・`)」と誤解していたが、腹立たしいのでそのまま振られたことにしておいたのである。

 

カニの食べ放題はラストオーダーまで完走したが、まだ小腹が空いていたのでラーメンを食べてホテルへ帰った。

この頃からピナちゃんはカニに魅了されたのか、「何で日本人はみんな北海道に住まないデスカネ(`・ω・´)?」と言い始め、その自由な発想に感心しながらも「寒くてバルコニーでフリチンになれないから」と答えておいたのである。

エビカニ合戦

住所札幌市中央区南4条西5 F-45ビル12F
Webhttp://www.ebikani.co.jp/



つづく

札幌旅行編記事一覧

  1. 憧れの北海道旅行に固まるピナちゃん
  2. 妻が旅行前に体調不良になった理由
  3. 客室乗務員を避けるフィリピーナ
  4. 札幌のラーメン屋で泣きそうになる
  5. 極寒の札幌でなぜソフトクリームが売れるのか?
  6. カニ食べ放題-エビカニ合戦で2年分貯カニする ←今ここ。

旅に出るならエクスペディア
旅行

世界30か国以上でサービス展開しているグローバルな旅行予約サイト。

国内・海外のホテル、航空券、その他旅行に必要なものをワンストップでお得に手配できます。ホテルの地図検索が使いやすい。

旅先を探す

北海道でカニを食べる
もし宜しければフォローをお願いします。
マウスコンピューター期間限定セール