フィリピーナが実践する恋愛の駆け引き

「恋の駆け引きって知ってマスカ(‘A`)?」と、プライムビデオで見ている少女アニメの影響なのか、新たな日本語を覚えたフィリピン人妻ピナちゃんが聞いてきた。

「好きにするテクニックがあるんだって(‘A`)」と得意げな顔で説明してくる。

 

フィリピン人は恋愛に関して相当な手練れのイメージが私の中にある。

それは言葉の壁を乗り越えて、持ち前の明るさと笑顔を武器に、世の中のおじ様達を夢中にさせるフィリピンパブで働くタレント達の印象が強いからだろう。

全力で好意を表現する高いオフェンス力に驚かされたかと思えば、一転して同情を誘うイベントが発生し「俺が何とかしてやらないと」と日本男児の男気を刺激する高いディフェンス力を発揮する。

卓越した攻守のバランスに翻弄され、数ヶ月前まで他人だったフィリピン人女性に手のひらで転がされて、気が付けばダンボールにシーフードヌードルを詰め込みBalikbayan Boxでフィリピンへ発送したり、GCASH REMITやWestern Unionで国際送金をしているのだろう。

 

しかし彼女たちはエリートである。

「水商売でしょ?」と軽んじる方もいるかもしれないが、彼女たちは容姿・話術・ダンス・愛嬌など、周りよりも秀でた能力を武器に、限られた枠を争い厳しい競争を勝ち抜き来日した選抜メンバーなのだ。

フィリピンパブ七不思議に数えられる、”店の前に張り出されてる写真が何故か不細工”という現象があるけれど、実際に足を踏み入れると「芸能人かな?」と思うような女性もいて、我々のような素人のオッサンに抗えと言うのは酷な話である。

 

素人フィリピーナの恋愛テクニック

だが素人フィリピーナの実力はどうなのだろう。エリートフィリピーナのような研ぎ澄まされた駆け引きをするのだろうか?

実力を探るため、隣にいるフィリピン人に「恋の駆け引きのテクニック持ってるの?」と直球を投げてみると、ピナちゃんもフィリピーナのはしくれ、自信満々で「ありますよ(‘A`)」と答えた。

 

私「どんなテクニックなの?」

ピ「ちょっと、ここに立っててクダサイ(‘A`)」

私を立たせて路上での出会いを再現するようだ。

 

街角に佇む私の前を、キュートなフィリピーナが値踏みをするように目を動かしながら通り過ぎようとした‥‥‥

次の瞬間!

 

ピ「いくらだい⁉いくらなんだい(`・ω・´)⁉」ペペペペ

札束を手裏剣のように飛ばすジェスチャーをしながら私を買おうとしてきた(笑)

まさかのアプローチに「金を持て余してるオッサンの手口じゃねーか!」と爆笑していると、「太郎は何かテクニック知ってマスカ(‘A`)?」と逆に聞いてきたけれど、姉に借りた少女漫画「花より男子」を熟読し、ゴリラ界の花沢類との呼び声が高い私には愚問である。

「当たり前だろ!俺は恋のソムリエって呼ばれてたんだぞ!」ドヤァ

 

‥‥‥何で妻を相手に強がってしまったのだろうか?

本当の所は皆様ご存知のように恋のソムリエなんて呼ばれたことはないし、ましてや恋のテクニックなど持ってはいない。ちょっと自分を大きく見せたかっただけである。

 

女性に振られ続ける人生の中で心がけていた事は「数撃ちゃ当たる」の精神であるが、テクニックとして披露しようにも何だか負けた気持ちになってしまう。

そこで学生時代に兄が愛読していた恋愛バイブル「ホットドッグ・プレス」に書かれていたけれど、全く役に立たなかった知識を恋のソムリエぶって披露した。

 

私「ピナちゃん、恋で大切なのは押して引くことなんだよ」

ピ「(‘A`)?」

私「アプローチをしてくる相手が急に追いかけるのを止めると、逆に追いかけたくなるんだ」ドヤァ

ピ「はぇぇ(‘A`)」

これは男前が使うから効果を発揮するだけで、私が実践すると音信不通になって恋が終わる危険な技だが、配偶者が男前に見えるピナちゃんは「さすがだな(‘A`)」と感心した様子であった。

 

恋の駆け引きを覚えたフィリピーナ(汗)

駆け引きを勉強したフィリピーナ

翌日、私が帰宅すると気配を察知したピナちゃんが階段を駆け下りてきた。

いつもなら有無を言わさず纏わりついて匂いを嗅いだり、足にしがみついてくるピナちゃんだが、この日は様子が違ったのである。

 

2mくらい距離をとって「‥‥‥(‘A`)」と無言で見つめてくる。

どうしたのだろうか?

「ただいま」と声をかけて靴を脱ぎ近づくと、サササッと一定の距離を維持するように逃げる。そしてクリッと振り返りこちらの様子を伺ってくるのだ。

 

これは‥‥‥押して引いてる⁉

違うぞ!そういう事じゃないぞピナちゃん!

覚えたての駆け引きを使うピリピン人であったが、私が追いかけてこないと気が付くと、我慢できなかったのか纏わりついてきた(笑)

 

関連フィリピーナの生態記事

ピナちゃんは日本へ来てからテレビを見るようになった。フィリピンでは家にテレビが無かったのでデパート等の店頭でしかテレビを見る機会が無かったからである。 その影響でキレイな日本語(敬語)を勉強している[…]

 

ピクピク料理長のYouTube更新情報

連日のように和菓子を作るピナちゃんに、”餡子の入っていないスイーツを食べさせろデモ”を行うとバニラアイスを作ってくれた。

そんなバニラアイスのレシピ動画です。

ピナちゃんはブログの存在を知らないため、YouTubeにコメントをして頂ける場合は「料理長」と呼んであげてください。コメントやシェアして頂けると喜びます。

 

もし宜しければフォローをお願いします。
マウスコンピューター期間限定セール