探究心の無さが招いた悲しいお話

我が家には、頂き物や購入したお菓子を保管する、お菓子BOXという大きめの箱がある。

お菓子BOXに入れられたお菓子は、私とピナちゃんのどちらが入手したに関わらず、自由に食べても良いシステムを採用している。

とは言っても、ピナちゃんは気に入ったお菓子があると、そればかりを集中的に食べるので新しいお菓子に中々挑戦しない。

本日は、そんな探究心の無さが招いた悲しいお話である。

お中元シーズンが到来し、名ばかりの会社だが様々な贈り物を頂いている。

頂いた食べ物は家に持ち帰りピナちゃんと食べるのだが、その中にマカロンがあった。

見た目も可愛いのでピナちゃんも喜ぶだろうと思い、お菓子BOXの中に入れていたが数日経過しても減っていない。

お菓子を食べてないのかとも思ったが、チロルチョコは減っているので認識はしているはずである。
ピナちゃんが興味を持たなかったので、ここぞとばかりに連日私がパクパク食べていた。

貧乏性の私にとってゴディバとマカロンは、コストと味と量のバランスが取れていない気がして、人にプレゼントする事はあっても、自分で買う勇気がでないが好きなのだ。

マカロンも最後の一つになったので、一応ピナちゃんに声をかけてみた。

私「ピナちゃんマカロン食べないの?」
ピ「ハイ!イラナイデス(´∀`)!」
私「マカロンは食べた?」
ピ「タベテナイデス!チロルチョコがイイデス(´∀`)」
私「すごく美味しいのに食べないの(´・ω・`)?」
ピ「オイシ デスカ・・?タベタイデス(*´Д`*)」

パクリ

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

(((( ;゚д゚)))オイシーーーーー!!

ピ「タロウ!! オイシデス!! もう無いデスカ( ・Д・)!?」
私「それが最後だよ。」
ピ「ハッラー! 残念デスネ(´;ω;`)」

翌朝、ダイニングテーブルの上でサランラップに包まれ保管されている、食べかけのマカロンを見つけた・・・

。・゚・(ノД`)<タロウ! ナンデ食べるデスカ!!

世の中の厳しさを知ったピナちゃんであった。

マカロン
もし宜しければフォローをお願いします。