ピナちゃんがキュウリダイエットを始めると宣言したけれど、半日で終わった(涙)

帰ってくる可能性を信じて健気に待ち続けるフィリピーナ

誤解を招きそうなタイトルになったが、浮気とか別れ話とかそんな内容ではない。
なんて事はない昼食の話である。

私は仕事柄、平日の昼食を銀行員や不動産屋、内装業者と共にする事がある。

食事をするか予め決まっていれば良いのだが、「今度、食事でも行きましょう」と曖昧な約束をしていたりすると、打ち合わせ中に「続きは食事でもしながらどうですか?」と提案される事もある。

打ち合わせの予定自体は前もって決めているので、「今日は食事に誘われそうだな」と予想できる日は「昼は業者と食べるかもしれない。」と愛する妻ピナちゃんに伝える。 

ピナちゃんはワカリマシタ(*´Д`*)と返事はするが、「もしかしたら帰ってくるかもしれない」と考えて、いつも食事を取らずに待っている。

とても健気なフィリピーナである。

外食する事が決まっている時には、しっかりと一人で食べているのだが、私と食事ができるかもしれない>>>>>空腹を我慢となっているみたいで、帰ってくる可能性のある日は、頑なに待ち続けているのだ(涙)

何度もお腹が減るから食事をするように言っているのだがいつも待っているので、最近外食をした日はコンビニでチロルチョコか雪見だいふくを買って帰るようにしている。

この二つはピナちゃんの大好物だからだ。

家に帰って買ってきたお土産を渡すと、100円やそこらのプレゼントに全身で喜びを表現してくる。
日本人女性だとブランド物のバッグをプレゼントしても、ここまで喜ばないだろう。

そんなピナちゃんを見ると、私は色々と買ってあげたくもなるのだが、10,000円を超えるものは値札を見ただけで
((((;゚Д゚))))エラナイデス!
となるので、私の財布にとても優しい。

フィリピン人女性は日本人男性に貢がせるイメージが強烈だったので、こんなフィリピーナもいるんだなとピナちゃんを見ていると感心するのである。

本当に良い妻と一緒になれたと思う。