フィリピン人の短期滞在ビザを取得-その2(準備編)

まずフィリピン人が日本へ短期滞在(観光)で来日する場合の日数は「15日」 「30日」 「90日」と期間が決まっていて、この中から選ぶことになります。
愛する恋人を呼ぶのですから90日を選択したい所ですが、それぞれ事情が異なると思いますので目的にあった滞在日数を選びましょう。

 

日本在住のフィリピーナ達に話を聞くと、90日の滞在は難しくなってきているとのことで、ピナちゃん(現在の妻)を日本へ呼ぶにあたり少し不安になりましたが何とかなりました。
フィリピン人の短期滞在ビザ(観光ビザ)を取得するために必要なものをまとめましたので、ビザの取得を考えていましたら参考にしてください。

 

ビザを申請する時に覚えるべき言葉

始めてビザを申請する場合、聞きなれない言葉が多いので混乱しそうですが下記の呼び方を覚えておけば問題ありません。

あなた=招へい人・身元保証人

フィリピン人の恋人=査証申請人

 

短期滞在ビザ取得で日本人が準備する物

  • 運転免許証のコピー(表面・裏面)
  • 恋人のパスポートのコピー(顔写真があるページ)
  • 招へい理由書 (外務省
  • 招へい経緯書 ※招へい理由書の中に記入欄があるが、別途用意した方がいい。
  • 滞在予定表 (外務省
  • 身元保証書 (外務省
  • 日本人男性の住民票(市役所)
  • 自営の場合:登記簿謄本(法務局) 社員の場合:在職証明書(会社)
  • 課税証明書(市役所)
  • 納税証明書※総所得の記載のあるもの(市役所)
  • 預金残高証明書(銀行)
  • 航空券のEチケット(往復)※ビザの申請を希望する日数に合わせて取る。
  • メールの履歴(スカイプやEmailの送受信一覧をコピー。内容はいらない)
  • 電話の履歴(各キャリアで発行)
  • 2人の写真(撮影日や場所の分かるもの)
  • 賃貸の場合は家賃等が分かる物 (賃貸契約書)

 

短期滞在ビザ取得でフィリピン人が準備する物

必ず準備する物

  • 査証申請書
  • 出生証明書(NSO発行の物)
  • パスポート
  • 写真 (45mm×45mm)
  • 無婚姻証明書

 

あれば準備する物

  • 納税証明書(無い事が多い)
  • 預金残高証明書(口座を持ってない場合が多い)

※フィリピンでは戸籍を偽り他人が成りすます事がある為、追加書類を求められる事があります。

追加書類

  • 在職証明書
  • 運転免許証の写し
  • 洗礼証明書
  • 居住証明書
  • 学校成績表
  • 卒業アルバム

 

複数の銀行でアカウントを作って資産を分散している場合、預金残高が多いほうが申請に有利になるので、残高が不安な方は一つの銀行に預金をまとめて残高証明書を発行してもらいましょう。

次回は、招へい理由書・招へい経緯書等の書き方についてお話します。

 

続き

本日は招へい理由書の書き方を説明したいと思います。招へい理由書はフィリピン人の恋人のビザを発行してもらうにあたり、とても重要な役割を果たします。私がピナちゃんのビザを延長も含め約7ヶ月間という長期に渡り発行してもらえたのは、[…]

短期滞在ビザ

英会話無料体験

英語を話せるようになりたいなら1レッスン129円から受けることができる、オンライン英会話のレアジョブがコスパ最高です。

3ヵ月くらい毎日頑張れば英語での会話に慣れるので、日常会話レベルなら話せるようになりますよ。

無料体験してみる

短期滞在ビザ
もし宜しければフォローをお願いします。