金持ち気分のフィリピーナ

  • 2016年8月13日
  • 旅行
  • 22件

頂き物の無料宿泊券の利用期間が近づいている事に気が付いた。
ただ近頃はバタバタしているので旅行をする時間の余裕がなく、無料宿泊券を無駄にするかもしれないと貧乏性な私は焦っていた。

 

何とか2泊か3泊くらい時間を作れないかと予定を調整しようとしたが、ショールームが盆休みに入る前にキッチンや風呂を見に行ったり、お世話になった社長に呼び出されていたり、ピナちゃんに縄跳びを教える約束をしたりと多忙を極めていて、どうしても時間を作る事ができなかった。

断腸の思いで無料宿泊券を捨てようかと思ったが、チケットを見ると宿泊可能なホテルにロイヤルパークホテルの名前があった。

 

まさかご近所のホテルがエントリーされているとは思ってもいないし、この無料宿泊券は旅費を浮かすものだと決めていたので、他県のホテルしか探していなかったので盲点であった。

これはマイホーム購入に向けて節約に精を出し大好きな和菓子も断ち、切り詰めた生活をしているピナちゃんに久しぶりの贅沢をしてもらえる良い機会なので、早速ホテルに電話をすると部屋も空いているとの事だったので1泊の予約を入れた。

 

ピナちゃんは無料で小洒落たホテルに宿泊できる事になり浮かれているようだったが、カバンに飲み物や食べ物を詰め込んでいるのを見て、レストランで食べる気はないのだと悟った。

どうやら節約生活は継続されるようである。

 

そうは言っても無料で宿泊させてもらうのに全くお金を使わないのも申し訳ないので、チェックイン前にホテル内にある”よこはま”と言う鉄板焼き屋に入ってランチで一番安い肉を食べようとしたが、安い物でも4,000円近くしてセレブレティしか入ってはいけない店だと気が付いたが、水だけ飲んで「お会計をお願いします。」と言えるわけもなく、540円を追加で払うと肉を大きくしてくれるという巧妙なサービスもつい利用してしまい、結局はランチで10,000円以上となり、その辺のホテルなら宿泊できたな・・・と思ったが、肉はびっくりするほど美味しかった(驚)

よこはまのステーキランチ

その後チェックインを済ませて、肉代の元を取ろうと部屋を満喫するため隅々まで見て周ったが特段する事もないので、結局マイホーム物件に足を運びリフォームプランを考えていたが、この日も汗が湧き出るほどの猛暑で、元気なピナちゃんと比べて私は早々に力尽きてしまい、もう少し残ろうと言うピナちゃんをアイスクリームで釣りホテルに戻った。

【高層階で心配そうなピナちゃん】
高層階に脅えるフィリピーナ

私「ピナちゃん、今日はお風呂でアイスを食べようか?」

ピ「イイノカイ(‘A`)!?」

私「家じゃないからね!いいんじゃないかな。」

ピ「お風呂でアイスデスカ(・∀・)金持ちナマント」

私「ジュースも飲んじゃう?」

ピ「オォーイ(*´Д`*)」

普段と違う状況にピナちゃんは大興奮であった。

 

ホテルを探索中にアイスディスペンサー(氷を出す機械)を発見していたので、部屋に置いてあったシャンパンクーラーに氷を入れてお中元でもらったリンゴジュースを冷やし、浴槽に入浴剤を入れて勢いよく水を出す事で泡風呂にして、二人とも気持ちはすっかりハリウッドスターのようになって、ピナちゃんに至ってはシャンパンとワインと混同しているのか、シャンパングラスをクリクリと回しリンゴジュースを飲んでいた(笑)

汗を流してスッキリした所で、ピナちゃんは少し昼寝をしたそうだったのでベッドで横になると、昼間の疲れからか二人とも熟睡してしまい気が付けば夜になっていて、せっかくホテルに泊まっているから上層階にあるレストランへ行こうと言ったのだが、「さっき食べたからレストラン駄目デス(`・ω・´)」と風呂で食べたアイスが外食にカウントされていて、備え付けのお茶と家から持ってきたキュウリとお中元のさつま揚げがディナーとなった(涙)

 

以前コメント欄で女性は非日常のデートが好きだと教えてもらったが、嬉しそうに風呂でアイスを頬張るピナちゃんを見ると「こういう事か!」と、女心を少し理解したのである。