フィリピン妻の手作り花見弁当に驚かされる

寝る前に「明日は花見へ行こう」とピナちゃんを誘った。

ピナちゃんは桜を見ながら弁当を食べるのが日本らしく感じるのか、春の花見が好きなので毎年花見を楽しみにしている。

 

いつもは花見スポットの近所でスーパーを探して、好きなお惣菜を買い込んで桜と一緒に楽しんでいたのだけど、今年のピナちゃんは少し違った。

ブログやツイッターにピナちゃんが作った料理の写真をのせた時に、皆様から褒めていただいたコメントを「友達が料理の写真を見て褒めてたよ」とコメント内容を伝えると、褒められると嬉しくなって張り切るピナちゃんは、元々料理が好きだったのにさらに拍車がかかってしまい、これまで以上に楽しそうに料理をするようになっている(笑)

 

「明日はお弁当を作って持っていきマス(・∀・)」

そう言うと、寝ると言っているのに弁当箱を引っぱり出してきて、「ここはミートボールデス、ここはポテトサラダにしようカナ(‘A`)」と花見弁当で作るおかずのメンバー選考を考え始めた。

 

これはおかず総選挙である。

ピナちゃんは私にも推しメンを聞いてきたので、これは長いこと時間がかかるぞ…と心配した私は「唐揚げがあればそれだけで幸せだ」と唐揚げを推薦して眠りにつこうとしたが、優柔不断なピナちゃんはおかず選びで迷ってしまい度々起こされる事になった(涙)

 

翌朝、ピナちゃんは早朝からゴソゴソと活動をはじめた。

私はまだ布団の中で気持ちよく眠っていたのだけど数時間が経過した頃だろうか、換気扇をつけ忘れていたため寝室まで唐揚げの良い香りが立ち上ってきた。

冬眠から目覚めた熊はこんな気持ちなのかと、唐揚げの匂いに釣られてキッチンへ向かうと、そこには驚きの光景が広がっていた。

 

パーティーなのかな?

キッチンではピナちゃんが様々な料理を作りながら、出来上がった料理からせっせと弁当箱に詰めていた。

確かに私が昨夜見た弁当箱は日頃使っている普通の弁当箱だった。

それなのにどうだろう?今私の目の前にあるのは正月に食べた中華おせちの重箱である(汗)

 

しかも一段目はすでに料理で埋め尽くされ、それだけでも十分過ぎる量なのに、このピリピーナは二段目に突入している。

さらに重箱の隣にはチョコレートが入っていたと思われる箱に、サンドイッチまでもが入っているではないか!

さすがはフィリピン人やで!

 

イベント事になると大量の食事を作っておもてなしをするフィリピンスタイル。それは花見でも適用されるようだった。

ピナちゃんの花見への情熱を感じ取り、それなら私も一肌脱ぎましょう!と弁当作りの手伝いを申し出た。

 

しかし料理を作るのは妻の仕事だと考えているピナちゃんは、私がキッチンに立つ事を良しとしない。

「ダイジョブデス。モチョット待ってネ(´∀`*)」と妻のプライドだろうか?それとも足手まといになるので邪魔をするなと思っているのか、待っておくように言われてしまった(涙)

 

しかし仕事とは自ら動いて取るもの。待っているだけでは駄目なのである。

ピナちゃんが珈琲を用意してくれている隙に、テーブルに置かれている弁当箱に目をやると、サンドイッチの横にスペースを見つけた。

ここ
弁当の隙間

私「ピナちゃん、このスペースは何を作るんだい?」

ピ「おにぎりデス(´∀`*)」

ほーん。

 

これはおにぎりに定評のある私の出番ではないだろうか?

ダバオ料理の鉄人として広く知られる私だが作る事ができる料理は多くはない。しかしおにぎりは得意料理(作れる)なのである。

しかも数年前にブログのコメントでおかかおにぎりを教えてもらった事で、普通の塩おにぎりだけではなく洒落たおかかおにぎりまで作れるようになっている。

 

私「俺がおにぎりを作るから、ピナちゃんは出かける準備をしなよ」

ピ「…(‘A`)分かりマシタ。ありがとポ(*´Д`*)」

私の腕を疑っているのか若干心配そうな表情を浮かべながらも、私はおにぎりを作る仕事にありついた。

 

このスペースからして3つはいけるな!

塩おにぎり×1、おかかおにぎり×2を熟練の手捌きで握り、弁当箱の空いたスペースに敷き詰めた。

おにぎり

あれ?何か違う。

味は確かなのだけどピナちゃんの作る料理に比べて、見た目が若干ではあるが物足りないというか華やかさが不足している。

 

これは海苔である。

海苔を巻いていないために侘しい印象になっているのだと鉄人は気が付いた。

そこで海苔を巻いて見た目を改善しようとしたけれど、海苔がどこにあるのか分からなかったので目についたゴマをふりかけた。

ゴマおにぎり

駄目だ…

道路に落としたみたいになってる…

 

自分の作った料理にはすこぶる甘い判定を下す私もこれはどうかな?と心配になる仕上がりになってしまった(汗)

支度を終えてキッチンへ戻ってきたピナちゃんに、申し訳なさそうに見せた所「アーイ美味しそうなマント.。゚+.(・∀・)゚+.゚」と努力ポイントに大幅加点するのか、私よりもさらに甘い判定をしてくれた(笑)

 

なんて審美眼に優れたフィリピーナだろうか。

嬉しくなったので「ゴマがポイントなんだよ」とドヤリながらおにぎり作りの要点なんかを説明した。

 

 

ここで二人で作った花見弁当を紹介したいと思います!

花見弁当一段目

花見弁当一段目

 

花見弁当二段目

花見弁当二段目

 

花見弁当おまけ

花見弁当おまけ

こうして花見弁当も完成したのでピナちゃんと花見へ出かけたが、このおにぎりが一騒動起こすことになる…

 

つづく

 

関連弁当記事

「女子力」という言葉を知っているだろうか?女性の腕力ではなく、Wikipediaによると「輝いた生き方をしている女子が持つ力であり、自らの生き方や自らの綺麗さやセンスの良さを目立たせて自身の存在を示す力、男性からチヤホヤされる力。」[…]

桜
もし宜しければフォローをお願いします。