フィリピンへの仕送りについて話ました。

フィリピン人女性と結婚して避けて通れないのが、フィリピンへの仕送りである。

フィリピンでは裕福な者が貧しい者を支えるのが当たり前なため、「日本人と結婚=仕送り」は極普通の考えなのだ。※裕福な家庭は除く。

 

母子家庭のピナちゃん一家の場合、母は働かずピナちゃんが朝から夜まで働いて得た給料を全てを母に渡し、足りない分は従兄弟から助けてもらうというのが、高校を卒業してからずっと続いていた。

私はこの“助けてもらって当然”という文化を受け入れる事に抵抗があった。


ピナちゃんは私に仕送りを求める事はなかったが、結婚の話が出始めた頃ピナちゃんの友人達と食事をしていた時に、「仕送り頑張ってね!家を建ててあげないとね!」という会話が出た。

遠慮がちなピナちゃんの事を考えて変わりに言い出したのかもしれないが、珍しくピナちゃんが怒った。

「太郎に迷惑を掛けるつもりはないから、恥ずかしい話をしないでヽ(#`Д´)ノ」

できたフィリピン人である。

フィリピンの家族は大切ではないのか?と聞く友人に、自分が働いて仕送りするというピナちゃん。
太郎はどう思いますか?と聞かれたので、正直な気持ちを伝えた。

日本語がまだ上手くないピナちゃんが、日本で働くには仕事が限られている。
ベッドメイキング等のアルバイトをして仕送りをすれば、フィリピンの物価なら十分暮らしていけるだろう。
しかし僅かなお金を稼ぐことよりも、今は日本語や日本の文化・常識を学ぶほうが大切なのではないだろうか。

フィリピンでの生活が大変で、仕送りが文化ならば手助けしよう。しかし最低限度の仕送りだ。
一方的に与えるだけでは駄目だ。自分でお金を生み出す事を覚えないとフィリピンの家族は成長しない。

もしビジネスをしたいというなら、計画書を作り私がOKを出した場合1度だけ手助けするけれど、失敗した場合は二度と助ける事はないから、自分のお金だと思ってしっかりと考えるように伝えてね。

何かあった場合はピナちゃんの家族なので、もちろん助けるつもりだけれど、少し厳しいくらいに言ったほうが真剣に考えるのではないかと思い話をした。

ピナちゃんは目をキラキラさせながら

「ビジネスデスカ・・ ママがシャチョ(社長)デスカ・・ ドリームミタイデスネ(゚д゚;)」とこの提案が大変気に入ったようだった。

その後、結婚をしてからは仕送りとして月に2万円を送っている。
ピナちゃんの母親が住んでいる地域であれば一人食べていくには十分な金額になっている。

家族の人数にもよるが日本人が仕送りをする場合、毎月5万円~15万円くらいが多い。
しかしフィリピンの物価を考えると10万円以上の仕送りは送りすぎだと思う。

フィリピン側でしっかりとお金の管理ができるなら問題ないのだけれど、不労所得を得たことで気持ちが大きくなり、親戚や近所の人達に自慢するように湯水のように金を使い、チヤホヤされる事に酔っている場合もある。

まさにピナちゃんの母親はこのタイプで、多めに渡しても全て使い切ってしまうのである(涙)

 

フィリピンに住む家族の自尊心を満たすために、日本で住む夫婦は生活を切り詰め、次第に離婚に至るケースも多い。

そして基本的に仕送りを受けるご家庭のフィリピン人は、貯金ができる人は多くはない。
仕送りをしていても貯金をしていないから、病気やトラブルがあった時に助けを求めてくる。

何かあった時に対処する為に、仕送りをしたお金を貯めておく必要がある事を何度も話しておく必要があるし、それでも出来ない場合は仕送りを減らして日本側で貯めておかないと、いざという時(病気や事故など)にお金が足りず、取り返しのつかない問題へと発展する可能性がある。

英会話無料体験

英語を話せるようになりたいなら1レッスン129円から受けることができる、オンライン英会話のレアジョブがコスパ最高です。

3ヵ月くらい毎日頑張れば英語での会話に慣れるので、日常会話レベルなら話せるようになりますよ。

無料体験してみる

仕送り
もし宜しければフォローをお願いします。