大阪進出を諦めました(・`ω・)b

本日の記事は私の主観により書かれていますので、寝言だと思って読んでください((((;゚Д゚))))

カジノ候補地が神奈川と大阪に政府決定されてから、将来カジノが作られるであろう場所の近くの物件を購入しようと、3月から下調べを進め購入準備を進めていた。

もし実現すれば横浜の山下ふ頭と大阪市の夢洲に建設される事が濃厚であるため、不動産価格が高騰する事は明らかだと考えたからである。

神奈川県にはすでに物件を所有しているので、今回は無謀にも全く土地勘の無い大阪市の夢洲近隣物件の購入を計画していた。

大阪のような大都市だと東京都心と似たような価格で私には手が出せないかな・・。とも考えていたが、ユニバーサルスタジオの近くで、梅田にも電車3駅4駅の立地であっても、1000万円台で200平米近い土地に立つ一棟アパートが購入できる事を知り驚いたのである。

大阪にもお手ごろ価格の物件がある事が分かり購入意欲が沸いてきたが、数ヶ月の間に色々あり結果としては購入を諦めることになった。

現在の不動産価格は日経平均と比例するかのように高値を維持しているが、人口が減っていく将来においては空家問題も深刻化し始めて、地方から始まり、中規模都市、三大都市圏へと広がり、最後は東京を除き軒並み不動産価格は暴落する事が予想される。

個人的には東京五輪を境に下落へ転じるのではないかと考えている。

ただし全ての地域の不動産価格が下落するかといえば、各都市の中心地は利便性の面から人気が集まり、それほど大きく下落する事はない。・・・と思う。

その為、私もそろそろ郊外の物件を売却して都市部へ不動産を集中させようかと目論んでいるが、学も無く直感だけで投資をしているので話半分で聞いてほしい。

三大都市圏の中でも関西圏の大阪においては強烈なリーダーシップを発揮している橋下市長の大阪都構想が実現し、このまま豪腕を振るってもらえれば、香港やシンガポールに対抗する税制面が優遇された経済特区も作られ海外からの企業誘致にも成功し、税収も増え続け暴落する地方とは反対に東京への一極集中を防げる唯一の都市になるのではないかと妄想していたが、橋下市長による大阪都構想は17日の住民投票で否決される結果となり、大阪都構想の夢は潰えてしまった。

橋下市長の事を独裁者と呼ぶ反橋下陣営や、多くの有識者も大阪都構想に反対している事実もあるので、どちらの選択が正しかったのかは私には分からないが、何か改革を行う場合は企業であっても政治家であっても独裁者のように強力な力を持っていたほうがスムーズである。

仮にその判断が間違っていたと思う場合は、日本は民主主義国家なので今回のように否決すれば良いだけなのだが、その判断が早かったように思えて残念でならない。

私の薄っぺらい知識では大阪の改革は10年は遅れて、経済は再び停滞してしまうのではないかと考えてしまい、カジノが作られる可能性や遠方の物件を購入し管理する手間、今後の不動産価格などまとめて思案すると、私の脳みその容量を超えてしまったので、いさぎよく大阪市の物件購入計画は白紙にする事にしたのである。

日帰り大阪出張を繰り返していたが、こんな事ならピナちゃんを連れて行って一緒に観光をしておけば良かったと後悔している(涙)

こんな経緯もあり、物件購入を取りやめてからも大阪でお世話になった方々へお礼のあいさつ周り等で、ブログの更新もままならない状況でありましたが、再びフリーダム太郎となりましたので今後は更新頻度を高めて参りたいと思います。