優しいフィリピン人妻ピナちゃんの怒りのスイッチ

いつも楽しそうなピナちゃんは普段の生活で怒る事はほとんど無いが、温厚なピナちゃんにも怒りのスイッチが二つだけあるのだ。


怒りのスイッチの一つ目はヤキモチである。

知らない女性が私を見ている時に怒りが発動するのだが、大半はピナちゃんの勘違いである。
先日レストランで食事をしていた時の事だ。4人掛けのテーブルに向かい合って座っていたのだが、突然ピナちゃんが横へずれて座った。
私から見て斜め向かいの椅子へ移動したのだ。

私「話がしにくいのに何で動いたの?」

ピ「斜め後ろの女の人が太郎を見てるデス(´・ω・`)」 

確かにピナちゃんの斜め後ろの席で女性グループが食事をしているのだが、こちらを見ている気配は全くない。

私「見てないよ」

ピ「太郎カッコイイから女の人は見るデス(´・ω・`)」

男前フィルターとは
フィリピーナは男性に惚れると、目に男前フィルターが装着される。
私なんてその辺にいくらでも歩いていそうな容姿なのだが、この男前フィルターを通して見ると容姿端麗な男性に見えてしまい、他の女性からも同じように見えていると思い込むのだ。

ピナちゃんは男前な私(フィルター装着後)を他の女性から見えないようにする為に、女性グループと私の中間に座る事で女性の視線を遮っていたのである。

その後もピナちゃんは私が見られているか心配で、困った顔をしてチラチラと女性グループを確認する。
私が見られているか気になって食事どころではないのである。
その間、もちろん女性グループはこちらを見る事は一度も無い。見たとしても「あいつら何で対角線上に座ってるんだろう?」と言った心境からであろう。

ピ「太郎、見る駄目デスヨ!! 見たら女の人が太郎好きになりマス(´・ω・`)」

ピナちゃんから見る私は、どれだけイケメンなのだろうか・・

(`Д´) アイ、ポギだから心配デス!!(訳:もうカッコイイから心配です!)

このように、しばしば勝手にヤキモチを焼き、勝手に怒り始めるのである。
ただし小心者なので他の女性に怒ったりはできないので実害はない。

怒りのスイッチ二つ目は私への侮辱である。

ピナちゃんは自身を馬鹿にされても悲しむだけなのだが、私が侮辱されたと思うと凄まじく怒る。
以前、高校時代の同級生の友人を家に招いて食事をしていた時であった。
思い出話に花を咲かせて楽しくしていたのだが、友人のある発言が怒りのスイッチを押した。

友「太郎はほんと頭が悪かったよなー」

これは昔レスリングを習っている友人に柔道は服を着ていないと役に立たないと言われ、どっちが強いか勝負しようじゃないかと、お互いパンツ一枚になり、サラダ油をかぶり掴めない状態で「柔道vsレスリング」のグダグダな試合をした時の思い出話に対しての発言である。

友「太郎はやる事が馬鹿だったよなー」

ヽ(#`Д´)ノ太郎は頭良いデスヨ!! 太郎の文句言う怒るデスヨ!!ムキー!!

(((( ;゚д゚))) ???

友人は私の人格を否定したわけでもなく侮辱したわけでもない。ただの冗談である。
しかし日本語をまだ理解しきれていないピナちゃんは、友人が私を侮辱したと思い怒ったのだ。

おそらく二つの怒りのスイッチは、ピナちゃんだけではなく他のフィリピーナにも当てはまる。
愛情が深く、熱くなりやすいフィリピーナならではの怒りの感情なのだろう。

 

英会話無料体験

英語を話せるようになりたいなら1レッスン129円から受けることができる、オンライン英会話のレアジョブがコスパ最高です。

3ヵ月くらい毎日頑張れば英語での会話に慣れるので、日常会話レベルなら話せるようになりますよ。

無料体験してみる

怒る妻
もし宜しければフォローをお願いします。