積み上げられたチロルチョコに興奮するピナちゃん

ピナちゃんは車の運転が好きである。
車の運転といっても運転免許を取得していないので、時々遊びに行くゲームセンターでの話しである。

午前中ゲームセンターで遊んでいたのだが、ピナちゃんの運転は私が警察官であれば職務質問をするだろうな・・と考えるほど挙動不審なのだ。
 


お気に入りの車のゲームはマリオカートなのだが、何度挑戦しても真っ直ぐ走る事ができないうえに、加速・減速を繰り返し、その走りはまさに酒気帯び運転である。

「ピノキオ※1が簡単だよ。」と教えても、「太郎をチョイスするデス。」とドンキーコング※2を使う。
選んでくれた嬉しさと、でもゴリラだよな・・との思いが交錯し複雑な心境である。
※1初心者向けのキャラクターでハンドリングが優秀なキノコ。
※2上級者向けのキャラクターで最高速が早いゴリラ。

そんな危険運転のピナちゃんは毎回最下位であるが、周回遅れに気が付いていないようで、「次は勝つデスヨ( ・Д・)ナイスゲーム!!」とライバル視してくるが、満足そうなので良しとしている。

本日もピナちゃんにゴールド免許保持者の実力を見せつけてきたのだが、他の機械に目をやると、以前はブラックサンダー(お菓子)が入っていたドーム状の機械の中身がチロルチョコに変わっていた。
大量に積み上げられたチロルチョコの山を見つけたピナちゃん。

(゚д゚)・・・・トライ?

すごくやりたそうである。※ピナちゃんはチロルチョコが大好物。

アームで流れるチロルチョコをすくい上げ、チロルチョコの山の手前に落とす。
プルプルと揺れるチロルチョコの山。

プルプルプルプル・・ピタッ!

(‘A`)・・・・・

再び挑戦するも

プルプルプルプル・・ピタッ!

(‘A`)・・・・

プルプル揺れるものの一つも落ちないのである。
しかしジワジワと穴の方に寄ってはきている。

私「もう百円玉が無いから次でラストだよ。」

ピ「オポ(`・ω・´)」

ピナちゃん最後の挑戦に真剣である。

プルプルプルプル・・グラリグラリ・・

(゚Д゚≡゚д゚)アーイ!! ドロップにシテ-!!(訳:落ちてー)

・・・・・ピタ!!

(’A`|||)ダメデスネ・・

チロルチョコが取れないだけで、何故そんなに悲しそうな顔になるのだろうか・・
悲壮感漂うピナちゃんに負けて「チェンジしておいで」と千円札を手渡した。

大喜びで両替機に向かうピナちゃんを見送りながら、ポケットの中を確認すると百円玉があったので、試しに挑戦してみると

グラリグラリ・・・ガシャーン!!

あっけなく崩れ落ちるチロルチョコの山。総取りである。

百円玉を握り締めて帰ってきたピナちゃんが見た光景は、先ほどまであったチロルチョコの山が消え、荒野となっていた。

(’A`|||)ナクナタデス・・・(訳:無くなりました。)

私「ピナちゃん、下を見てごらん」

ゴソゴソ・・・・・Σ(゚д゚;)!!

(*´Д`*)アーイ!! アリガトポ!!

死にそうな表情から一変、私の体に飛びついて喜んでいる。
あまりの騒ぎように店員さんが大きな袋を手に駆け寄ってきたが、チロルチョコに気が付き申し訳なさそうに小さな袋をくれた。

嬉しそうなピナちゃんを見て、次回からチロルチョコはここで入手しようと決めたのである。

 

英会話無料体験

英語を話せるようになりたいなら1レッスン129円から受けることができる、オンライン英会話のレアジョブがコスパ最高です。

3ヵ月くらい毎日頑張れば英語での会話に慣れるので、日常会話レベルなら話せるようになりますよ。

無料体験レッスン

もし宜しければフォローをお願いします。