ギャンブルで金を貯める妻の目的

この記事はフィリピン人にギャンブルで金を巻き上げられたけど取り返した話の続きです。

フィリピン妻ピナちゃんの友人のジェニーが里帰りをすると言うので、フィリピンへ持って帰るお土産を一緒に選ぶため、東急ハンズでキッチン用品の買い物に付き合っていた。

 

ピナちゃんのことをアテ(お姉さん)と慕う年下フィリピーナで、日本人と結婚して東京で暮らしているが時々遊びに来る。

料理が全くできなかったがピナちゃんに和食の作り方を教えてもらい、夫に褒められたことで料理作りが好きになった。

 

お目当ての品物を購入し、せっかく来たので各コーナーを見て回っていると、ピナちゃんが「トランプが欲しいデス(‘A`)」と言い出した。

トランプに興味があったのかい?と意外に思いながらもトランプを購入し、3人で自宅へ戻り珈琲を飲んでいると、買ったばかりのトランプを開封して、さも当然のように配り始めた。

 

トンイツをシマショウ(‘A`)

 

聞き覚えのある名前に記憶の糸を手繰り寄せると、フィリピンで金を巻き上げられた過去を思い出した。

あのトンイツか‥‥‥

 

おそらくフィリピンだけで普及しているトランプを使ったカードゲームで、戦略性に優れたゲーム内容は年頃の子供からお年寄りまで広く楽しめる。

ただ多くの場合掛け金が発生するので、フィリピン滞在中にふらりと参加するのは危険を伴う。

 

まさかフィリピンのローカルカードゲームを日本でプレイする日が来るとは思わなかった。

ジェニーも「やろう!やろう!」と乗り気になっており、ギャンブルとは縁遠そうなチンチクリン2名がトンイツのルールを知っていることに驚いた。

 

お金を出してクダサイ(‘A`)

そう言って10円玉をテーブルの上に重ねるピナちゃん。

まさか金まで賭けるとは‥‥‥トンイツと賭け事はセットなのだろうか?

 

正直言ってフィリピン人にトンイツで勝てる気が全くしない。

おそらく日本国内のトンイツプレイヤーの中では、100位以内に入っているであろうランカーの私がそう思う程、世界の壁は厚いのだ。

 

私「二人ともトンイツは強いの?」

ピ「やったことはないデス(・∀・)」

ジ「アコも(・∀・)!」(訳:私も)

 

これはいける!!

外国人が日本人を見て柔道の達人だと誤解するように、私もフィリピン人と言うだけで凄腕のトンイツプレイヤーだと思い込んでいた。

金を巻き上げられたとはいえ、本場の猛者達の中で揉まれたトンイツ経験者は私だけなのだ。

 

経験者の私が、このチンチクリン共に「トンイツは遊びじゃねーんだぞ」とトンイツの奥深さを教えてあげよう。

ただピナちゃんから巻き上げたお金は、後でこっそり貯金箱に返せばいいのだけど、ジェニーの負け分はどうするべきか‥‥‥賭け事とはいえ年下のフィリピーナから金を貰うのは気が引けるのだ。

でも掛け金は10円なので大した額にはならないだろうから、後で食事でもご馳走すればいいかな?なんて考えていたけど、そんな心配は杞憂に終わった。

結果は私の一人負け(涙)

 

二人とも強い!と言うか、私が弱い!

ルールを思い出しながらプレイしていたけれど、上がったと思い勘違いして『トンイツ(‘A`)!』の掛け声と共に、ドヤリ倒して手札をテーブルに叩きつけて実は上がってなかったり、色々とやらかし結果は散々だった。

 

私「初めてトンイツやったんでしょ?」

ピ「初めてしたけど、いつも見てマシタ(・∀・)」

ジ「アコも(・∀・)!!」

(|| ゚Д゚)ナンヤテ!?

 

ピナちゃんの場合は実の母もギャンブル好きだが、育ての母は実の母どころではなく相当なギャンブル好きだったようだ。

子供の頃から近所の賭場(誰かの家)へ通う育ての母の後を付いて回っていたピナちゃんは、トンイツと共に育ったエリートでトンイツの申し子なのだ(滝汗)

 

トンイツブーム到来

トンイツブーム到来

チンチクリン2名にトンイツで大敗を喫っしてから、フィリピン人のようにトンイツにはまってしまい、毎晩ピナちゃんとトンイツをするのが日課になった(笑)※先に6勝したら終了

丸められた紙には10円~300円までの金額が記入されていて、負けた方が紙に書かれている金額を支払うのである。

ただ、どちらが負けても金の支払い先は、新しく買ったピナちゃんの貯金箱なので、私のお金が増えることは一切無い(笑)

 

この革新的な回収システムに、ついにピナちゃんはギャンブルで絶対に負けない方法を編み出したな!と感心していた。

「俺の金は増えないよね?」なんて野暮なことは言わず、ギャンブル貯金で好きな服や皿でも買うのだろうと協力していたが、先日貯めた金の使い道を聞くと思いもよらない返事をしてきた。

 

このお金で太郎をワイハに連れていってあげマス(*´Д`*)

ピナちゃん!!(涙)

 

少し前から始まっているなんちゃって年の差婚のハワイ編に影響されて、「ワイハへ行ってみるかい?」とピナちゃんを旅行に誘ったのだが、「高いナマント!アヨコ(‘A`)!!」(訳:高いから嫌だ)と旅行をするなら日本がいいと断られたけれど、どうやら覚えていたようである。

Max300円の掛け金では、ワイハに行けるまで何年かかるか分からないし、途中で気が付いて行き先が変更になるかもしれないけれど、私は旅行に連れて行ってもらうのを楽しみに待っている。

 

関連ジェニー記事

今年最後の投稿にもかかわらず品の無い内容を含んでいます。苦手な方は飛ばしてください(涙)昨日お腹を空かせた私は昼食を食べに出かけようとしていた。 私「レストランに行きたい人!」ピ「ハイッ(*[…]

関連旅行記事

神戸の街並みと神戸牛の画像を見たピナちゃんは、神戸への関心が高まり旅行前日は興奮して眠る事が出来なかったようで、夜通し皆様からのコメントや旅行サイトを参考にしながら旅行プランを考えていた私も、とばっちりを受ける形で早朝から起こされてしまい、[…]

旅に出るならエクスペディア
旅行

世界30か国以上でサービス展開しているグローバルな旅行予約サイト。

国内・海外のホテル、航空券、その他旅行に必要なものをワンストップでお得に手配できます。ホテルの地図検索が使いやすい。

旅先を探す

貯金
もし宜しければフォローをお願いします。