アクセスランキング

妻はスラム街出身!フィリピン人との結婚生活

まさか自分がフィリピン人と結婚するなんて!いつまでも幸せな日々が続くのか?

フィリピンのスラム街で育ったピナちゃんとマニラで出会い2年の交際を経て日本で結婚しました。 色々とフィリピン女性に関する負の情報がネットに溢れているので、結婚して感じた事などを綴っていこうと思います。

病気

pina227
この記事は潜伏する祖父を捜索の続きです。

千葉県の港へ潜伏し消息を絶っていた祖父だったが、翌日の朝「じいちゃんの車が駐車場に停まってる」と、朝刊を取りに出た祖母が発見して連絡をしてきた。

高熱を出しながらも、夜中に運転して帰ってきたようだった(汗)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina225
祖父がやらかした。

あれほど無理をしないよう言っていたのに、釣り好きの祖父は魚を求めて色々な場所へ車でウロチョロ出かけるものだから、私達の恐れていたことが起きてしまった。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

u3ajsxhzm_u-freddy-castro
※本日の記事はパニック障害の治療方法について書いてありますが、パニック障害の治療はこれが正しいという方法はなく、どのような治療方法を選択しても賛否両論あると思います。

私達は記事に書いてある方法を選択しましたが、症状・環境によっては悪化する可能性もありますので、「このような方法もあるのだな」程度に考えて読んで頂ければ幸いです。



この記事は妻の過去がパニック障害の原因?の続きです。

ピナちゃんに発作が起こった翌日、心ではなく体に問題がある可能性もあるので、念のため家の近くの病院へ行き検査をしてもらった所、体には何の問題も見当たらなかったので一先ず安心した。

続いて心療内科で診てもらうため、ピナちゃんに「体は問題無かったから、次は心のチェックをしてもらおうね」と伝えて、家から少し離れるが一番近くの病院へ向かったのである。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

bdldv9yychu-aaron-mello
この記事はパニック障害を知ったきっかけの続きです。

ピナちゃんが体調を崩した日、先ほどまで震えていたのが噓のように回復し、Yちゃんは「本当に大丈夫なの?」と心配していたが、いつもと変わらない明るく元気な様子で「もう治りマシタ(*´Д`*)オオーイ」とYちゃんに纏わりついていた。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ピナちゃんの様子を見て、鈍感な私がパニック障害だと思ったのには理由があった。

私とピナちゃんが結婚をした時に、陰で私達の結婚を馬鹿にしていた友人に腹を立て殴り合いの喧嘩をしてくれた幼馴染の親友がいて、その幼馴染が2年前にパニック障害になったからである。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_m
※仕事をさぼり過ぎて落ち着くまでコメントへ返信する時間が無さそうです(涙)短い記事になるかもしれませんが記事更新を優先したいと思います。


年越し蕎麦・おせち・ピナ雑煮を食べて、2017年もいつもと変わらない順調な滑り出しに、今年も素晴らしい一年になる予感がしていたが、先日の記事で少し触れたようにピナちゃんの体に異変がおきた。

あれは世間の正月休みも終わり、私もいつ働き始めようかと思いながら家でダラダラしていた時だった。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

015pina
ご心配をおかけしました。治りました。

昨夜の私はこんなに高熱が出たのが初めてだったので見せびらかしたかったのか、日本男児とは思えない情けないコメントと共に記事を投稿してしまい、先ほど改めて記事を確認して赤面しております。

妻の看病もあってお陰様で一晩眠ると熱も38度まで下がっており、体調を確認するのと汗を搾り出して熱を下げるために室内に設置してあるエアロバイクをこいだ所、軽いふらつきはあるものの中々良いペースで走れたので、完治は時間の問題だなと感じており、先ほど熱を測ると平熱に戻っていたので、あとは体内にいるウィルスがいなくなるまでの5日間、セルフ監禁プレイを楽しもうと思っております。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新をしようと思っておりましたが、軟弱な私はインフルエンザになってしまい、筋トレをするのも辛い状態です(涙)
復活しましたら更新しようと思います。
image
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina343
インフルエンザが流行る季節になったので、先月の後半にピナちゃんと予防接種を受けてきた。
ピナちゃんはあまり病院へ行った事がないので、大人になっても注射が苦手で、以前、腹痛に襲われて虫の息になっていた時も、頑なに注射される事を拒否していた。

幼い頃から注射に慣れ親しんでいる日本人であれば、デコピンやシッペの方が痛い事を知っているし、予防接種の注射は将来病んでしまうかもしれない病気を想定して、1の痛み(注射)を我慢して10の痛み(病気)を回避・軽減するリスクヘッジ的な行動をとる事が一般的である。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina203
この記事は病に倒れたフィリピン人妻の続きです。

短い仮眠を取り目を覚ました私達は病院へ行く支度をしていたが、ピナちゃんは「病院へ行きたくないデス(´・ω・`)」と言い始めた。
さっきは病院へ行くと約束したのに、数時間のうちに気が変わってしまったのだろうか・・?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ