アクセスランキング

妻はスラム街出身!フィリピン人との結婚生活

まさか自分がフィリピン人と結婚するなんて!いつまでも幸せな日々が続くのか?

フィリピンのスラム街で育ったピナちゃんとマニラで出会い2年の交際を経て日本で結婚しました。 色々とフィリピン女性に関する負の情報がネットに溢れているので、結婚して感じた事などを綴っていこうと思います。

カティ

pina022
この記事は家を借りたいフィリピーナに出された条件の続きです。

カティと部屋の契約を済ませた数日後、ピナちゃんにお願いして写真でしか部屋を見ていなかったカティを内見に連れていってもらった。

車で連れていってもよかったが、車を運転しないカティが現地の交通機関を把握する必要もあるので、以前私が現地の部屋で趣味のリフォームを行っていた頃、リフォームを手伝いたい(遊びたい)ピナちゃんは、公文や家事が終わってから一人でマンションへ行けるように、バスや電車の乗り換えを覚えて時々ヒョッコリと訪ねてきていたので、マンションまでの道のりを把握しているピナちゃんが内見係に抜擢されたのである。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

032pina
この記事はフィリピンパブを辞めたフィリピーナが直面した問題の続きです。

カティからアパートを借してほしいと頼まれ、どうしたものかと思案していた。

数年前に会った時のフリーダムなカティの性格も不安だが、それだけではなく基本的にフィリピーナは部屋で歌うし踊るし騒がしい事を危惧していた。

これまでフィリピン人の友人の家やタレントの寮に遊びに行った事は何度もあるが、パーティーの時だけでなく日常生活においても、かなりの確率で騒音を出していたのが気がかりである。 

 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina019
この記事はフィリピンパブで働く女性の指針となるフィリピーナの続きです。

イギリスがEUを離脱し為替相場が恐ろしい動きをしているのを、オフィスでピナちゃんが作ってくれた弁当を食べながら眺めていると、ジェシカが「相談したい事があるんだけど・・・今日大丈夫かな(´・ω・`)?」と友人を連れて訪ねてきた。

私のオフィスは時々フィリピン人お悩み相談会の会場として使用され、許可した覚えもないし仕事にならないので追い返そうとした事もあるが、当人達も仕事の邪魔をしていると認識しているのか、毎回オフィスの掃除をしたり飲み物を差し入れたりしてくるので、その心意気を無下にもできないのである。

ただ私は顔に似合わず綺麗好きなので掃除をする箇所はほとんどなく、10分もすれば宴会のような騒がしさになっている(涙)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ