アクセスランキング

妻はスラム街出身!フィリピン人との結婚生活

まさか自分がフィリピン人と結婚するなんて!いつまでも幸せな日々が続くのか?

フィリピンのスラム街で育ったピナちゃんとマニラで出会い2年の交際を経て日本で結婚しました。 色々とフィリピン女性に関する負の情報がネットに溢れているので、結婚して感じた事などを綴っていこうと思います。

アルバイト

pina175
※本日の記事には少々品の無い内容が掲載されております。ご注意ください。

自力でお金を稼いでフィリピンへ送金がしたいと言うピナちゃんと、働いてお金を稼ぐことについて話をした。

ママと喧嘩をしたばかりで気持ちが混乱していた可能性もあるので、フィリピンへの仕送りに私は何の抵抗も負担もないことを改めて伝えたが、「太郎がカワイソデス(´・ω・`)」とやはり自分の収入から仕送りのお金を賄いたいようだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina154
※本日の記事には下品な表現がございますので、お食事中の方は記事を飛ばしてください。
昨日の床屋での仕事ぶりを見て、ピナちゃんがアルバイトをする店にいりびたり一日中眺めておきたいという個人的な夢が出来た。

喫茶店で働くピナちゃんを指名して注文し「アルバイトなのにすごく注文取ってくるわね!やるじゃない!」と先輩アルバイトから褒められ、ピナちゃんの時給以上に私の給料を散財する事で社長の目に留まり、ついには店長に・・・

妄想は膨らむばかりだが、よくよく考えると仕事場が違うだけで、フィリピンパブに嵌っている客のような状況である。キャバクラやPパブに嵌る男性はこのような心理になってしまうのだと妄想により気が付いた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina153
先日の記事では大変ご心配をおかけいたしました。また多くの方からアドバイスや心温まる励ましの言葉を頂き、大変嬉しく思います。ありがとうございます。

その後の妻の様子ですが、フィリピーナ特有の「悲しい事があってもすぐに立ち直る性格」をいかんなく発揮し、翌日には元気に公文へ出かけていきました。

またフィリピンの家族も、妻からJの話は事実と異なると説明しましたので「やっぱりそうか!」と状況を理解しております。近所での噂話も少し時間を必要とするかもしれませんが、真実は伝わるであろうとの事です。
 
今後のJへの対応ですが取るに足らない内容ですので、妻には相手にしないように言ってあります。
もしクドクドとまとわり付いてきたり、Jの旦那がコンタクトを取ってきた場合は私が対処する所存です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ