アクセスランキング

妻はスラム街出身!フィリピン人との結婚生活

まさか自分がフィリピン人と結婚するなんて!いつまでも幸せな日々が続くのか?

フィリピンのスラム街で育ったピナちゃんとマニラで出会い2年の交際を経て日本で結婚しました。 色々とフィリピン女性に関する負の情報がネットに溢れているので、結婚して感じた事などを綴っていこうと思います。

2017年07月

960b20072ad0dbb917210ac76ff92e50_m
この記事はフィリピン人と日本人の涙の違いの続きです。

ピナちゃんを慕うジェニーと言う可愛らしいフィリピーナがいる。
ジェニーの旦那さんは事業で成功を収められている方で、港区のコンシェルジュ付きのタワーマンションに住んでいて、ジェニーは私の知るフィリピン人の中で最もセレブピーナと呼ぶに相応しい女性である。

結婚当初は色々と問題もあったが、ピナちゃんとのSkypeのやり取りを聞いていると現在は大変夫婦仲も良く幸せそうにしていた。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

cristian-newman-141895
フィリピン人はすぐに泣く。
悲しい、嬉しい、悔しい、そして感動した時等、涙を流す状況は色々とあるが、特に悲しい時には人目もはばからず号泣する様子を何度も目撃している。

これはフィリピン人女性だけの話ではなくて、"男が人前で涙を流すな"と教えられる日本では考えられないが、フィリピン人男性も同様によく泣くのである。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina132
この記事は夏の恐怖体験。幽霊ビルを買うの続きです。

また本日の記事にはショッキングな画像が掲載されていますので、食事中の方や潔癖気味の方は読み飛ばすか、裁判も無事に一段落したなんちゃって年の差婚外部リンクをご覧ください。


廃墟物件の調査を行う中で感じた違和感が何なのか分からないまま、一部屋ずつ水漏れ等の問題がどの程度あるのかを確認していた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina126
この記事は仕事をしない旦那を心配する妻の続きです。

連日の猛暑が影響して仕事をサボり気味だったが、ピナちゃんから失職したのではないか?と心配されてしまい、大黒柱の威厳を保つため暑さに立ち向かい仕事を再開する事にした。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina123
我が家にはエアコンが無い。
厳密に言えばエアコンも室外機も各部屋に用意をしてあるけれど、取り付けるタイミングを逃してエアコンのない生活を送っている。

暑がる私に対して常夏の国で育ったピナちゃんは蒸し暑い部屋の中でも涼し気で、30度を超える日でも「窓を開ければOKだろ」みたいな顔をして平然としている。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina121
この記事は妻に嘘をつく祖父の続きです。

ピナちゃんの知らぬ所でモンブランを巡る攻防はあったものの祖父母との食事を楽しみ、食後に今回訪れた最大の目的である、"ジオの片手鍋"をお披露目する事になった。

調理器具に興味のない祖父は「昼寝をしてくる」と言って、早々に自室に戻ってしまったが、祖母はニコニコしながら私が片手鍋を箱から取り出すのを見ていた。

その隣では祖母以上に興味深そうな顔をして、箱を覗き込もうとしてくるフィリピーナもいた(笑)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

emre-gencer-204799
この記事は100年使える鍋?を買うの続きです。

ジオの片手鍋が届いたら祖父母の家へ行くことをピナちゃんに伝えていたので、片手鍋が届いた翌朝目を覚ますと、ピナちゃんは祖母から教えてもらった冬瓜汁と炊き込みご飯を作りタッパーに詰めていた。

これはピナ山家の家庭の味に近づいているか祖父母にチェックしてもらう為で、最近は毎回のように何か料理を作り持っていくのが習慣になっている。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina120
先日、祖母が使用している片手鍋のコゲが落ちないと連絡があったので、祖父母の雑用を一手に引き受ける独占企業状態の私は、問題の片手鍋の様子を見に行ってきた。

片手鍋を確認するとどうも焦げではないような感じで、鑑定の結果、表面をコーティングしてあるテフロン?が剥がれ落ちているようだった。※テフロンなのかは分からない。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina119

七夕の日、公文で勉学に励まれたピナちゃんが帰宅し、エアコンもない名ばかりの倉庫兼オフィスで、暑さで働く気力を無くして、ダラダラと仕事をしている私に冷たい麦茶を用意してくれて、公文で勉強した事や先生やお母様方と話した内容を報告してくれた。

ピナちゃんは公文の勉強が終わると、クラスメートの男の子が母親の迎えを待つ間にしばらく話し込んだみたいで、その話の中で七夕というイベントについて教えてもらったようである。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

pina115
この記事は金持ちプレイも可能な寿司屋を満喫の続きです。

安くて美味しい寿司屋で散財した後、天気が良かったので散歩をする事にしたのだが、天気が良すぎて歩を進めるたびに寿司で補給した体力が奪われていた。

汗も出るしこんな気温の中で散歩なんてする物ではないと思い、ピナちゃんに「散歩は夜にしよう」と提案したが、「もう疲れマシタカ('A`)?」と聞かれたので、「俺が疲れるわけないだろ」と強がってしまい、本当は高い湿度と気温で虫の息なのに散歩は続行される事となった(涙)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ